離散幾何解析入門(岩波数学叢書) [全集叢書]
    • 離散幾何解析入門(岩波数学叢書) [全集叢書]

    • ¥6,600198ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年6月20日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
離散幾何解析入門(岩波数学叢書) [全集叢書]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003827434

離散幾何解析入門(岩波数学叢書) [全集叢書]



ゴールドポイントカード・プラスのクレジット決済で「書籍」を購入すると合計10%ポイント還元!書籍の購入はゴールドポイントカード・プラスのクレジット決済がお得です。
通常3%ポイント還元のところ、後日付与されるクレジット決済ポイント(1%)と特典ポイント(6%)で合計10%ポイント還元!詳しくはこちら

価格:¥6,600(税込)
ポイント:198ポイント(3%還元)(¥198相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年6月20日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:岩波書店
販売開始日: 2024/04/20
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

離散幾何解析入門(岩波数学叢書) [全集叢書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    我々が日常的に見たり触ったりする物質は連続体であるように見えて実は原子、分子といった離散的な構造から成り立っている。離散幾何解析はこうした構造を対象とする新しい数学である。本書では、連続な幾何概念とつながることを意識しながら解説。著者の結晶格子の研究や物質科学につながる研究も紹介する。
  • 目次

     まえがき

    第Ⅰ部 準 備
     1 概 要
     2 有限グラフと調和写像
      2.1 グラフの基礎
       2.1.1 定 義
       2.1.2 位相空間としてのグラフ
      2.2 重み付きグラフの調和写像
       2.2.1 重み付きグラフとラプラシアン
       2.2.2 エネルギー変分公式
       2.2.3 Eells-Sampson型定理
     3 確率論の基礎
      3.1 速成確率論入門
       3.1.1 確率空間
       3.1.2 エルゴード性
      3.2 有限グラフ上のランダム・ウォーク
       3.2.1 推移作用素
       3.2.2 ランダム・ウォークの確率空間
       3.2.3 ホモロジー的大数の法則

    第Ⅱ部 結晶格子上の幾何解析
     4 結晶格子とその標準的実現
      4.1 標準的実現とその特徴付け
      4.2 標準的実現の例
      4.3 標準的実現の対称性
     5 結晶格子のランダム・ウォーク
      5.1 捩じれ推移作用素
      5.2 極限定理:大数の法則と中心極限定理
       5.2.1 Z上のランダム・ウォークの極限定理
       5.2.2 大数の法則
       5.2.3 中心極限定理
     6 大偏差原理と結晶格子の収束
      6.1 大偏差原理
       6.1.1 基本的なアイデア
       6.1.2 結晶格子の大偏差
       6.1.3 Dの境界におけるエントロピー関数I
       6.1.4 Dの計算例
      6.2 結晶格子のGromov-Hausdorff収束
       6.2.1 Gromov-Hausdorff収束の基礎
       6.2.2 結晶格子の収束

    第Ⅲ部 磁場の離散化
     7 磁場の下でのランダム・ウォーク
      7.1 電磁気学と微分形式を使った表現
       7.1.1 ベクトル解析
       7.1.2 電場と磁場
       7.1.3 微分形式による表現
      7.2 群コホモロジー
      7.3 Rd上の磁場付きラプラシアンと磁束類
      7.4 磁場付き推移作用素
       7.4.1 周期的離散ベクトル・ポテンシャルと磁束類
       7.4.2 周期的磁場の下の推移作用素
      7.5 磁場付き推移作用素の中心極限定理
       7.5.1 交絡作用素
       7.5.2 Harper作用素の中心極限定理
       7.5.3 結晶格子の中心極限定理:定式化
       7.5.4 定理7.21の証明
      7.6 定理7.19の証明

    第Ⅳ部 離散曲面論
     8 離散曲面の幾何
      8.1 曲面論の基礎
       8.1.1 曲面の定義と例
       8.1.2 曲面の基本形式
       8.1.3 構造方程式
       8.1.4 等温座標
      8.2 極小曲面
       8.2.1 面積変分公式
       8.2.2 Weierstrass-Enneperの表現公式
      8.3 離散曲面
       8.3.1 離散曲面の定式化,面積変分公式
       8.3.2 離散曲面の例:炭素分子・炭素結晶
      8.4 離散曲面の細分
       8.4.1 Goldberg-Coxeter分割
       8.4.2 離散曲面の細分
       8.4.3 離散曲面細分列の収束定理
       8.4.4 不分岐曲面
       8.4.5 曲率の収束
      8.5 サークル・パッキングと複素構造
       8.5.1 一意化定理
       8.5.2 サークル・パッキングが定める共形構造
      8.6 離散曲面の複素構造
       8.6.1 3角形分割と余接ラプラシアン
       8.6.2 離散共形構造
       8.6.3 離散正則2次形式
       8.6.4 3角形分割に付随するサークル・パターン
       8.6.5 離散Weierstrass表現公式

     参考文献
     索 引
  • 出版社からのコメント

    バラバラな状態、すなわち離散的な構造を対象とする離散幾何解析の理論と、結晶格子の研究や物質科学につながる研究を紹介。
  • 内容紹介

    我々が日常的に見たり触ったりする物質は連続体であるように見えて実は原子、分子といった離散的な構造から成り立っている。離散幾何解析はこうした構造を対象とする新しい数学である。本書では、連続な幾何概念とつながることを意識しながら解説。著者の結晶格子の研究や物質科学につながる研究も紹介する。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    小谷 元子(コタニ モトコ)
    1983年学士(東京大学理学部)、1990年理学博士(東京都立大学大学院理学研究科)。現在:東北大学大学院理学研究科教授/東北大学材料科学高等研究所主任研究者・教授。専門:微分幾何学、離散幾何解析学
  • 著者について

    小谷 元子 (コタニ モトコ)
    小谷元子(こたに・もとこ)
    1983年学士(東京大学理学部),
    1990年理学博士(東京都立大学大学院理学研究科)
    現在 東北大学大学院理学研究科教授/東北大学材料科学高等研究所主任研究者・教授
    専門 微分幾何学,離散幾何解析学

離散幾何解析入門(岩波数学叢書) [全集叢書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:岩波書店
著者名:小谷 元子(著)
発行年月日:2024/04/18
ISBN-10:4000299379
ISBN-13:9784000299374
判型:A5
対象:専門
発行形態:全集叢書
内容:数学
言語:日本語
ページ数:240ページ
縦:22cm
横:15cm
厚さ:2cm
重量:470g
他の岩波書店の書籍を探す

    岩波書店 離散幾何解析入門(岩波数学叢書) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!