スマート農業(やさしく知りたい先端科学シリーズ11) [全集叢書]
    • スマート農業(やさしく知りたい先端科学シリーズ11) [全集叢書]

    • ¥2,20066ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年5月31日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
スマート農業(やさしく知りたい先端科学シリーズ11) [全集叢書]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003828647

スマート農業(やさしく知りたい先端科学シリーズ11) [全集叢書]



ゴールドポイントカード・プラスのクレジット決済で「書籍」を購入すると合計10%ポイント還元!書籍の購入はゴールドポイントカード・プラスのクレジット決済がお得です。
通常3%ポイント還元のところ、後日付与されるクレジット決済ポイント(1%)と特典ポイント(6%)で合計10%ポイント還元!詳しくはこちら

価格:¥2,200(税込)
ポイント:66ポイント(3%還元)(¥66相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年5月31日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:創元社
販売開始日: 2024/05/17
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

スマート農業(やさしく知りたい先端科学シリーズ11) の 商品概要

  • 目次

    はじめに
    ◇Chapter1 食料生産と消費の現状と課題
    日本の農業・水産業の現状と課題
    日本における食料自給の変遷と世界の飢え
    若年層の農業従事者の確保と定着
    荒れる日本の農地
    日本と世界のエネルギー事情
    日本の肥料事情
    SDGsとプラネタリー・バウンダリー
    自然災害からの復興と強靭化
    鳥獣害の発生や水産資源の変動管理
    日本の農産物貿易自由化の歴史
    国際貿易の枠組みの変遷と現状
    食の質を確保する食品供給システム
    「飢え」を減らす食料の安定供給
    ◇Chapter2 スマート農業とアグリテックの定義と政策
    スマート農業を社会実装する必要性
    スマート農業が目指す社会改革とSociety5.0
    第1次産業の重要性と6次産業化
    スマート農業やアグリテックが立ち向かう課題
    農林水産研究開発の特徴と歴史
    日本の成長戦略における農林水産業の位置付け
    日本の科学技術政策と方向性
    スマート農業実証プロジェクト
    農林水産研究イノベーション戦略
    みどりの食料システム戦略
    イノベーションを創出する企業の育成
    ◇Chapter3 先端技術の活用による農業技術革新
    農業技術の基本構造とその革新
    農業DXと要素技術の適用
    ロボット開発の現状
    農業機械メーカーによる取り組み事例
    トマト収穫ロボットの現状と展望
    ブロッコリーとアスパラガスの自動収穫ロボット
    果実の収穫や運搬ロボットの実際
    画像情報やAIを活用したスマート化事例
    ドローンを活用したスマート化事例
    アシストスーツを活用したスマート化事例
    IoTを活用した統合環境制御
    ビッグデータの活用と5G
    データを活用したスマート化事例
    センシングデバイスやウエアラブル端末の活用事例
    リアルハプティクス技術による自動化・省人化システム
    農業経営における管理ツールの有効活用
    ◇Chapter4 農業と食の先端技術革新
    量管理の必要性
    今後の食料生産や供給を担う施設生産
    消費者ニーズに対応した植物工場における農産物生産の実例
    レタス栽培の現状と戦略
    安定した需要のキノコ生産
    育種の歴史と現在の多様な品種
    バイオテクノロジーが支えるスマート育種
    植物の品質に関する障害とその育種的対応
    農産物や食品に求められる品質の基本仕様
    無農薬栽培を可能にする施設生産
    日本がリードする「機能性表示食品」制度
    ビタミンやアミノ酸による農産物の高付加価値化
    野菜のミネラル含量を制御する技術
    野菜の旬と生産量や品質の関係
    農産物や食品の信頼性確保と品質評価
    農産物と関連技術・製品のパッケージ輸出促進
    農産物の鮮度保持と加工技術
    ◇Chapter5 これからの農業と食のあるべき姿
    日本とオランダの農業戦略の違い
    農業研究成果を社会実装につなげる手法
    基礎研究の重要性と社会実装に向けた役割分担
    技術開発のしくみと普及への道筋
    ビジネスモデルの構築に欠かせない人材育成
    イノベーションに必要な視点と社会実装の場
    人と人をつなげる農業と食の活動
    育苗技術の活用や輸出型植物工場への展開
    フードロスの低減と残渣処理技術
    肥料成分の効率的な回収と活用技術
    エネルギーの回収・貯蔵技術と活用システムの必要性
    動物性タンパク質の新たな生産システム
    都市空間から宇宙空間に展開する循環型生産
    ゼロCO?を目指す施設生産
    農業や流通におけるプラスチック消費と脱石油の流れ
    技術の進歩により進化する食と農業
    地球と人類の存続をかけた重要な技術群
    さくいん
    参考文献
  • 出版社からのコメント

    労働力不足が深刻な日本の農業や飢えに苦しむ世界の食の課題をスマート農業が解決。その具体例を図版や写真を使ってやさしく解説
  • 内容紹介

    国内では高齢化による労働力不足などの要因から農業が大きな岐路に立たされる一方で、世界では爆発的人口増加や紛争、自然災害などで、何億もの人々が食糧不足や飢えに苦しんでいる。これらの課題を解決する切り札として、先端科学技術やデータの活用によるスマート農業が注目を集めている。この新しい農業の国内外における具体的な取り組み事例や課題、将来展望を、図版や写真、イラストを使ってやさしく解説するシリーズ第11弾。

    〔本書の特色〕
    ◇食料生産と消費の現状と課題
    近年、日本のみならず、世界中で注目を集めるスマート農業やフードテック。その背景にある、日本と世界が直面する農業と食に関する課題を、図表を使いながら丁寧に概説。
    ◇スマート農業とアグリテックの定義と政策
    日本における農業政策と農業技術群(アグリテック)のフル活用により、システム・成長戦略としてスマート農業の社会実装が推進されてきた状況を整理し、平易に図解。
    ◇先端科学技術の活用による農業技術革新
    AIやロボティクスなど、先端科学技術の活用による農業DX、スマート化の実例を、具体的な野菜・果物の品種やドローン・アシストスーツ・端末などの機器類を挙げながら紹介。
    ◇農業と食の技術革新
    IoTやビッグデータなどのデジタル技術を土台に、遺伝子組み換えやゲノム編集などのバイオテクノロジーを活用した、鮮度・品質保持、高付加価値化を志向する革新技術を解説。
    ◇これからの農業と食のあるべき姿
    日本型農業を脱する先進事例をふまえ、農業経営における人材育成、基礎研究・知的財産の重要性、資源保護など、未来の農業と食が目指すべき姿をグローバルな視点で提起。

    図書館選書
    労働力不足が深刻な日本の農業や、人口爆発などで食料不足に苦しむ世界の食の課題をスマート農業が解決。具体的事例や将来展望を図版や写真、イラストを使ってやさしく解説。

スマート農業(やさしく知りたい先端科学シリーズ11) の商品スペック

商品仕様
出版社名:創元社
著者名:中野明正(著)
発行年月日:2024/05
ISBN-10:442240069X
ISBN-13:9784422400693
判型:A5
発売社名:創元社
対象:一般
発行形態:全集叢書
内容:自然科学総記
言語:日本語
ページ数:176ページ
縦:21cm
横:15cm
厚さ:1cm
重量:320g
他の創元社の書籍を探す

    創元社 スマート農業(やさしく知りたい先端科学シリーズ11) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!