ワインの授業 フランス編―Leçon-Les Vins de France 新版 [単行本]
    • ワインの授業 フランス編―Leçon-Les Vins de France 新版 [単行本]

    • ¥2,53076ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年7月15日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003828818

ワインの授業 フランス編―Leçon-Les Vins de France 新版 [単行本]



ゴールドポイントカード・プラスのクレジット決済で「書籍」を購入すると合計10%ポイント還元!書籍の購入はゴールドポイントカード・プラスのクレジット決済がお得です。
通常3%ポイント還元のところ、後日付与されるクレジット決済ポイント(1%)と特典ポイント(6%)で合計10%ポイント還元!詳しくはこちら

価格:¥2,530(税込)
ポイント:76ポイント(3%還元)(¥76相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年7月15日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:イースト・プレス
販売開始日: 2024/07/09
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

ワインの授業 フランス編―Leçon-Les Vins de France 新版 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    ビジュアルを駆使した7日間の講義録。人気予備校講師が、ワインの世界を解き明かす!9年ぶりの大改訂!
  • 目次

    はじめに

    第一章(1日目) ワインとフランス 
    ワインの分類/ 赤ワインと白ワインの違いはたったひとつ/ ブドウを摘み、潰した果汁を醗酵させる/ ワインをまろやかにするM.L.F.とは?/ エルヴァージュ─樽が味わいを左右する/ 澱引きと清澄と濾過/ 皮と種を漬け込まない─白ワインの造り方/ 黒ブドウの色をまとわせる─ロゼワインの造り方/ ワインを造っている10の地方/ ブドウと気候は相関している!/ フランスの白ブドウ─シャルドネ、ソーヴィニョン・ブラン、ミュスカデ/ フランスの黒ブドウ─メルロ、グルナッシュ、シラー/ フランスワインの品質とブランドを確立したA.O.C.法/ ラベルがわかれば、ワイン選びが楽しくなる

    第二章(2日目) シャンパーニュ地方 
    シャンパーニュとは/ シャンパーニュを造る3つのブドウ/ シャンパーニュは白とロゼしか造ってはならない/17の特グラン・クリュ級の村と42 の1プルミエ・クリュ級の村─格付けについて52/ グラン・クリュの村同士なら「グラン・クリュ」と言っていい/ 機械でなく手で摘んだブドウしか使えない/ ブドウを搾りすぎてはならない!/ その味を守る調合師たち/ シャンパーニュ最大の特徴─瓶内二次醗酵とは?/ セロスさんの凍らせないデゴルジュマン/ シャンパーニュが10000円くらいする3つの理由/ 赤ワインと白ワインを混ぜてもいい─ロゼ・シャンパーニュの造り方/ ドン・ペリニョンが30000円くらいする理由/ 辛口か甘口かはラベルを見ればわかる/ 黒ブドウを混ぜず、白ブドウだけで造られるブラン・ド・ブラン/ 王道のN.M.とマニアックなR.M./ チーズ、お鮨、豚しゃぶ─シャンパーニュに何を合わせる?/ シャンパーニュではない、ふつうのスパークリングワインの製法/ リーズナブルなスペイン版シャンパーニュ「カヴァ」

    第三章(3日目) ブルゴーニュ地方 
    ブルゴーニュの地区/ ブルゴーニュでは年間2億本のワインが造られ、半分以上を輸出している/ 生産量の1/3はボージョレ地区/ 激しい気候がブドウの味を左右する/ 「いい土壌」とは何か?/ ブルゴーニュ地方の4つの「県」/ ブルゴーニュワインとテロワール/[A.O.C.]を 知らないとワインを上手に買うことができない/ ブルゴーニュだけが畑ひとつひとつを格付けしている/ その畑は誰のものか?/ 特 Grands Crus 級畑と1Premiers Crus 級畑のラベル/ ブルゴーニュ地方のなかの、「村」と「地区( 地方 )」/ なぜ古いブドウの木のほうがおいしいブドウが実るのか?/ ビオ・ワインの歴史/ リュット・レゾネ→ビオロジック→ビオディナミ/[A.O.C.]シャブリ&グラン・オーセロワ地区/[A.O.C.]コート・ド・ニュイ地区/[A.O.C.]コート・ド・ボーヌ地区/ ボーヌの街のビストロ「マ・キュイジーヌ」がすごい!/[A.O.C.]コート・シャロネーズ地区/[A.O.C.]マコネ地区/[A.O.C.]ボージョレ地区/ ボージョレ・ヌーヴォーの造り方/ ブルゴーニュの覚えておきたいプルミエ・クリュ/ あなた色に染まるシャルドネ/ 北部、中部、南部でそれぞれ味わいが違う/ ブルゴーニュ白ワインの神髄─ムルソー、ピュリニィ、シャサーニュ/ 酸・ミネラル・花・果物のニュアンスの差/ 造り手の人柄とワインの味わいは一致する?/ 親から子へワイン造りは受け継がれていく/ 赤、最高峰の3つの村─ジュヴレ・シャンベルタン、シャンボール・ミュジニィ、ヴォーヌ・ロマネ/ とんかつに合う白ワイン


    第四章(4日目) ボルドー地方 
    ボルドーとは/ 最高級赤ワインの産地─メドック地区/ ガロンヌ河の両岸に広がる産地─グラーヴ地区、ソーテルヌ─バルサック地区、アントル・ドゥ・メール地区/ 点在しているコート地区/ ドルドーニュ河右岸の産地─フロンサデ地区、ポムロール地区、サン・テミリオン地区/ ボルドーワインとブルゴーニュワインの決定的な違い/ シャトーとドメーヌ─造り手と畑の関係/ 畑にランク付けするブルゴーニュと、人にランク付けするボルドー/[A.O.C.]メドック地区/[A.O.C.]グラーヴ地区/[A.O.C.]ソーテルヌ─バルサック地区/[A.O.C.]コート地区/[A.O.C.]フロンサデ地区、ポムロール地区、サン・テミリオン地区/[A.O.C.]アントル・ドゥ・メール地区/ セミヨンで造る珍しい泡─クレマン・ド・ボルドー/ [メドック地区の格付け]─61のシャトーを5つのランクに分類/ [メドック地区の格付け]〈1級〉私が「ワインってすごい!」と思ったきっかけ/ [メドック地区の格付け]〈2級〉どれも有名すぎる14のシャトー/ [メドック地区の格付け]〈3級〉バレンタインのときに並ぶハートマークのラベル/ [メドック地区の格付け]〈4級〉「畑」でなく「造り手」に魅了される/ 格差をつけすぎずに上げていく?/ [メドック地区の格付け]〈5級〉シャトーをたて直す/[メドック地区の格付け]〈クリュ・ブルジョワ級〉1~5級には入らない約250の優れたシャトー/[メドック地区の格付け]〈セカンド・ワイン〉 各シャトーの、もうひとつのラインナップ /ソーテルヌ│バルサック地区の格付け(1855年) シャトー・ディケムが並ぶロンドンのワインショップ/グラーヴ地区の格付け(1953年、59年) 赤か白か、格付けされているかされていないか/サン・テミリオンの格付け(1955、69、86、96、06、12、22年)10年ごとになんだか揉めている……/ あえて格付けをしない、ポムロール地区の優良ワイン/ カベルネに合うサーロインステーキとメルロに合うフィレステーキ

    第五章(5日目) ロワール地方/ローヌ地方
    〈ロワール地方〉 
    フランス最大の河、ロワール河/ 5つの地区で栽培されるブドウが違う!/青っぽさがやさしいソーヴィニョン・ブラン/ [ペイ・ナンテ地区のA.O.C.]ロワール河下流といえばミュスカデ/[アンジュー・ソミュール地区のA.O.C.]レストランで白ワインを1本だけ開けるとしたら192/[トゥーレーヌ地区のA.O.C.]ロワールを代表する赤のシノンと白のヴーヴレ/[サントル・ニヴェルネ地区のA.O.C.]キリッしたソーヴィニョン・ブランが楽しめる/ [中央高地地区のA.O.C.]オーヴェルニュ地方に位置する地区/ うなぎのかば焼きとタルトタタン〈ローヌ地方〉 ローヌのワイン産地は南北2つに分かれている/ ローヌ北部右岸のA.O.C.焼けた丘と焼けた大地/ [ローヌ北部左岸のA.O.C.]ローヌ北部の代表選手─エルミタージュ/甘くておいしい酒精強化ワイン/ [ローヌ南部のA.O.C]13品種をブレンドできる「法王のワイン」

    第六章(6日目) アルザス地方/ジュラーサヴォワ地方
    〈アルザス地方〉 
    アルザスの街─ストラスブール、コルマール / ラベルにブドウ品種が書かれているのでわかりやすい/ フランス人に最も身近な泡、クレマン・ダルザス/ 考え方がフランス人よりドイツ人?/ 大量生産を反省し、彼らはアルザスらしいワイン造りに回帰した/ 遅摘みワインと、粒つぶ選より摘みの貴腐ワイン/ アルザス料理は日本の家庭の味に近い/ タルトフランベ、シュークルートと、浅草橋の「ジョンティ」
    〈ジュラ-サヴォワ地方〉 
    〈ジュラ地方〉 
    生産可能色が5色もあるジュラ地方/ [ジュラ地方のA.O.C.]サヴァニャンから造られる黄ワインとは?/ 干しブドウで造る甘口の藁ワイン
    〈サヴォワ地方〉
    シャスラ、ジャケール、アルテス、モンドゥーズ─サヴォワ地方のブドウ/ チーズフォンデュに合うワインとすき焼きに合うワイン

    第七章(7日目) 南西地方/プロヴァンス-コルス地方/ラングドック-ルーション地方
    〈南西地方〉
    スペイン国境にまで点在する産地/ ボルドーからピレネー山脈までに広がる地区/[南西地方のA.O.C.]ブラックワイン!?カオール
    〈プロヴァンス地方〉
    プロヴァンスと九州/ ロゼワインを愛しすぎる人たち/ 夏のバーベキューでキンキンに冷やして飲むワイン/ やっぱりロゼに合う、プロヴァンス地方の料理
    〈コルス島〉
    コルス島はほぼイタリア!?
    〈ラングドック-ルーション地方〉
    フランス最大のワイン産地/ ラングドック─ルーションでは、ありとあらゆるブドウが栽培されている!
    〈ラングドック地方〉 
    最大派閥のA.C.ラングドック
    〈ルーション地方〉
    スティルワインよりV.D.N.で有名なルーション地方

    おわりに
  • 内容紹介

    明日香さんがわかりやすく、ていねいに教えてくれるのは、
    ワインの知識だけではなくて、いかに上機嫌に暮らしていくか、ということでもあると思います。
    ―角田光代(作家)
     
    明日香先生はバリバリ理系!
    こんなに理路整然としたワイン学は初めて。
    大推薦。
    ―福岡伸一(『動的平衡』著者)


    1週間でフランスワインがわかる!
    2015年の刊行から待望の新版として大幅改訂!
    「教えるプロ」明日香先生が目の前で授業をしているような臨場感で、スラスラ読めて、わかりやすい。
    教えるプロの手にかかれば、複雑なワインの世界もこんなにすっきりとわかりやすいものに!
    スーパーやレストランでこれまでなんとなく選んでいたワインを、
    もっと積極的に、味と香りを予想しながら選べるようになれば、
    毎日の食事はもっと楽しくなるはず。ワインと付き合うための、最初の「壁」の越え方をお教えします。
     
    本書は毎日1章ずつ読むと7日間、つまり1週間ですべての内容を学んでいただく
    ことになります。1週間かけて、フランスの各ワイン産地をめぐり、その地方のワイン
    について体系的に知ることができます。
     

    【目次】
    第一章(1日目) ワインとフランス 
    第二章(2日目) シャンパーニュ地方 
    第三章(3日目) ブルゴーニュ地方
    第四章(4日目) ボルドー地方 
    第五章(5日目) ロワール地方/ローヌ地方
    第六章(6日目) アルザス地方/ジュラーサヴォワ地方
    第七章(7日目) 南西地方/プロヴァンス-コルス地方/ラングドック-ルーション地方

    【本書「はじめに」より】
    ワインの味わいの基本を形作っているのが、
    「世界のワインの縮図」とも言われる、フランスワインです。
     
    フランスワインの体系が頭に入っていると、たとえ飲んだことのないワインだとしても、
    そのラベルを見るだけで、ある程度、香りや味わいが想像できるようになります。
    「この産地は温暖な気候だから酸味が柔らかく、果実味しっかり系のものかな」
    といった具合に予想し、そして実際に飲んでみる。
    予想した味と比べ、どうなのか?
    ワインを学んでいくと、皆さん自然と「予想」し「確認」し始めますが、
    そのとき、一人でなく、お店の人や一緒に飲む人と共に「予想」し「確認」し合うことで、
    食事はもっと楽しくなりますし、そのワインはもっとおいしくなるはずです。
    これが、ワインは「知る」ことでおいしくなる理由です。
    知らないで飲むのと知って飲むのとでは、本当に味わいが変わってくるんです。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    杉山 明日香(スギヤマ アスカ)
    東京生まれ、唐津育ち。理論物理学博士・ワイン研究家・唎酒師。河合塾の数学講師として長く教鞭をとる一方、ワインスクール「ASUKA L’´ecole du Vinアスカ・レコール・デュ・ヴァン」の主宰やシャンパーニュ・ワインの輸入業や日本酒の輸出業、東京・西麻布のワインバー&レストラン「Goblin ゴブリン」やワインショップ&バー「Cave de ASUKA カーヴ・ド・アスカ」、フランス・パリのレストラン「ENYAA Sak´e&Champagne エンヤ・サケ&シャンパーニュ」のプロデュースなど、ワイン関連の仕事を精力的に行っている
  • 著者について

    杉山明日香 (スギヤマアスカ)
    ●杉山明日香(すぎやま・あすか)
    東京生まれ 唐津育ち ワイン研究家・理論物理学博士ワインスクール「ASUKA L'ecole du Vin」を主宰するほか、ワイン、日本酒の輸出入業を行う。また、東京・西麻布でワインバー&レストラン「Goblin」と、ワインバー&ショップ「Cave de ASUKA」を、パリでレストラン「ENYAASake&Champagne」をプロデュースするなど、ワインや日本酒関連の仕事を精力的に行っている。著書に『受験のプロに教わる ソムリエ試験対策講座』『受験のプロに教わる ソムリエ試験対策問題集』『ワインの授業 フランス編』『ワインの授業 イタリア編』『おいしいワインの選び方』『ワインがおいしいフレンチごはん』(飯島奈美との共著)『先生、ワインはじめたいです!』(監修、著・こいしゆうか)など。有名進学予備校で数学講師として長く教鞭をとっていることから、伝え、教える手腕は高い評価を得ている。なお、近況やASUKA L'ecole du Vinのレッスン情報などは、杉山明日香事務所のFacebookをご覧ください。

ワインの授業 フランス編―Leçon-Les Vins de France 新版 の商品スペック

商品仕様
出版社名:イースト・プレス
著者名:杉山 明日香(著)
発行年月日:2024/07/07
ISBN-10:4781623174
ISBN-13:9784781623177
旧版ISBN:9784781612843
判型:A5
発売社名:イースト・プレス
対象:実用
発行形態:単行本
内容:家事
言語:日本語
ページ数:268ページ
縦:21cm
他のイースト・プレスの書籍を探す

    イースト・プレス ワインの授業 フランス編―Leçon-Les Vins de France 新版 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!