一級建築士矩子と考える危ないデザイン [単行本]
    • 一級建築士矩子と考える危ないデザイン [単行本]

    • ¥2,64080ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009003830995

一級建築士矩子と考える危ないデザイン [単行本]



ゴールドポイントカード・プラスのクレジット決済で「書籍」を購入すると合計10%ポイント還元!書籍の購入はゴールドポイントカード・プラスのクレジット決済がお得です。
通常3%ポイント還元のところ、後日付与されるクレジット決済ポイント(1%)と特典ポイント(6%)で合計10%ポイント還元!詳しくはこちら

  • 4.0
価格:¥2,640(税込)
ポイント:80ポイント(3%還元)(¥80相当)
フォーマット:
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:日経BP社
販売開始日: 2024/04/13
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

一級建築士矩子と考える危ないデザイン [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    人気マンガ一級建築士矩子の設計思考とコラボ!矩子が建物で起こる事故を徹底分析!滑る、転ぶ、落ちる、ぶつかる…悲劇はなぜ繰り返される?家族や友人、利用者の安全を守るために誰もが知っておくべき建物の落とし穴。
  • 目次

    第1話 滑り・つまずき
    交通事故の3倍の死者が出る平面上の事故
     地裁は損害賠償を認める/滑りやすさに数値基準を
    同じフロア内でまさかのつまずき
     看板を置いてもリスク回避できず
     トイレ入り口の段差で賠償命令

    第2話 外壁落下
    裁判事案の1割弱占めるタイルのトラブル
     完成後3年もたたずにタイルが落下/南や東で目立った浮き
     引張強度試験では異常なし/今後は近隣にも「伝えて」
     近年は接着剤利用が増加/定期報告をリスク露見の材料に
     裁判で採用された「浮き率」の衝撃

    第3話 開口部落下
    窓開けで加害者になるリスク
     半年で4度も窓が落ちる
     7割弱の学校で外れ止めの不備
     予算の都合で追加調査を限定
     専門家の点検では全校に課題
     その後も立て続けに窓が落下
    省エネ改修時のリスクにも注意
     共有されないトラブル事例
     複層化のリスクを指摘する声も
     定期報告制度の活用を
     仕様統一も解決の一案に
     報道後に動き出した専門団体

    第4話 開口部からの転落
    窓からの子どもの転落がなくならない
     6年に3度も幼児が窓から落ちた団地/開放感を重視して柵を設けず
     法令頼りの限界/ 窓は一番危険な場所と思え
    窓からの転落が学校で続出
     なぜ千葉の高校で転落が多発したのか/効率の追求がもたらしたリスク
     近隣都県に比べて事故が多発/アパホテルの責任問う判決も

    第5話 水平開口部からの転落
    上に乗れる「見えない」窓が危ない
     割れるガラスをアルミに変更/建築基準法には反していない
     安全設計の第三者確認を求める/天窓に潜む転落リスクを理解する
    教訓生かせぬ管理者に賠償命じる
     被害者へ2000万円弱を支払え/7割の過失相殺と判断

    第6話 挟まれ・ぶつかり
    4年で500件超、子どもと高齢者が危ない
     骨折は60歳以上に集中/万能でないセンサー
     ドア開閉時の死角が悲劇を生む
     点検しない建物所有者

    第7話 反射光害
    まさかの反射光害で近隣トラブル
     ガラスのファサードが反射もたらす/「クレームは全くの想定外」
     違法性の追及が困難な反射光害/トラブル防止術その1[形]
     トラブル防止術その2[時間]/トラブル防止術その3[周辺]
     トラブル防止術その4[建材]/トラブル防止術その5[色]
    火災も招く反射光害
     10秒で発煙に至る収れんの力

    第8話 糞尿被害
    完成後間もなく糞害に遭う
     逆こう配だから大丈夫と油断
     15年も「糞害」に悩む
    構造物にも糞尿が悪影響
     糞で崩落した天井パネルで4人負傷
     水管橋崩落事故やドローン墜落でも鳥に注目

    第9話 シックハウス
    頭打ちのシックハウストラブル
     健康異常が出ても見つからぬ原因物質
     水性塗料内の成分が空気中に
     「機械換気だけでは限界」
     代替物質には未知のリスクも
     カビもシックハウスのリスクに

    第10話 注意すべき4つのデザイン
    深層を探らねば事故は繰り返す
     「誘うデザイン」というリスク
     リスクまで「消すデザイン」の罪
     見落とされる「維持管理のデザイン」
     「初期段階のデザイン」のレベルアップを
  • 出版社からのコメント

    住宅や建築物で起こる身近な事故と背景、効果的な防止策を人気建築漫画「一級建築士矩子の設計思考」のキャラクターと共に解説する
  • 内容紹介

    住宅や建築物が人にけがを負わせたり、病気などを誘発したりするようなケースは少なくありません。こうしたトラブルが生じる背景には、設計や施工、維持管理が適切ではないケースが潜んでいます。
    本書では、身近な建築物で生じた、転倒や墜落、落下物との衝突など身近な事故事例を紹介します。そして、こうした事故が発生する原因と事故を防止するための具体策を人気建築漫画「一級建築士矩子の設計思考」(鬼ノ仁/日本文芸社)のキャラクターによる分析イラストを交えながら、わかりやすく解説します。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    浅野 祐一(アサノ ユウイチ)
    1970年生まれ。95年慶応義塾大学大学院理工学研究科修了、インフラ企業勤務を経て2001年に日経BPに入社。建築雑誌「日経アーキテクチュア」などの執筆・編集を担当する。日経ホームビルダー、日経コンストラクションの各編集長、日経クロステック建設編集長を経て、24年4月から日経BP技術プロダクツユニット長

    鬼ノ 仁(キノ ヒトシ)
    1969年生まれ。20歳のときに建築設計事務所に就職。27歳で独立して事務所を開設するも、副業で携わった同人誌がきっかけで99年に商業誌でデビュー

一級建築士矩子と考える危ないデザイン [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:日経BP
著者名:浅野 祐一(著)/鬼ノ 仁(著)/日経クロステック(編)
発行年月日:2024/04/15
ISBN-10:4296204637
ISBN-13:9784296204632
判型:B6
発売社名:日経BPマーケティング
対象:専門
発行形態:単行本
内容:建築
言語:日本語
ページ数:256ページ
縦:19cm
他の日経BP社の書籍を探す

    日経BP社 一級建築士矩子と考える危ないデザイン [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!