パレスチナ和平交渉の歴史―二国家解決と紛争の30年 [単行本]
    • パレスチナ和平交渉の歴史―二国家解決と紛争の30年 [単行本]

    • ¥4,400132ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年6月24日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003833349

パレスチナ和平交渉の歴史―二国家解決と紛争の30年 [単行本]



ゴールドポイントカード・プラスのクレジット決済で「書籍」を購入すると合計10%ポイント還元!書籍の購入はゴールドポイントカード・プラスのクレジット決済がお得です。
通常3%ポイント還元のところ、後日付与されるクレジット決済ポイント(1%)と特典ポイント(6%)で合計10%ポイント還元!詳しくはこちら

価格:¥4,400(税込)
ポイント:132ポイント(3%還元)(¥132相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年6月24日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:みすず書房
販売開始日: 2024/05/13
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

パレスチナ和平交渉の歴史―二国家解決と紛争の30年 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    本書はイスラエルとパレスチナの和平交渉について、その30年にわたる経過を客観的かつ丹念に跡づける。和平を目指して無数の文書や合意が交わされながら、それはいつも類似のパターンで潰えてきた。それはなぜなのか?交渉の機微を読むことは、この問題を理解することに他ならない。それは解決への道筋を考える上で欠かせないプロセスとなるだろう。
  • 目次

    地図

    はじめに
    序章 現況と歴史のあらまし
    1 直近の基礎データ
    2 過去の経緯

    第1章 ジョー・バイデン政権(2021年1月以降)
    1 壁の守護者作戦
    2 イスラエルの政治情勢
    3 パレスチナの政治情勢

    第2章 ジョージ・H・W・ブッシュ政権(1989年1月~93年1月)
    1 湾岸危機
    2 マドリード中東和平会議とその後

    第3章 ビル・クリントン政権(1993年1月~2001年1月)
    1 オスロ交渉
    2 オスロ合意
    3 第一次ネタニヤフ政権
    4 バラク政権
    5 最終的地位交渉
    6 第二次インティファーダ

    第4章 ジョージ・W・ブッシュ政権(2001年1月~09年1月)
    1 タバ交渉
    2 米国同時多発テロ
    3 防衛の楯作戦
    4 新しい和平提案
    5 パレスチナの新体制
    6 分離計画――西岸分離壁とガザ撤退
    7 西岸とガザの分裂

    第5章 バラク・オバマ政権(2009年1月~17年1月)
    1 第一期オバマ政権――ジョージ・ミッチェルによる仲介
    2 パレスチナの国連加盟問題
    3 第二期オバマ政権――ジョン・ケリーによる仲介
    4 イスラエル・パレスチナの関係断絶
    5 アラブの春とその余波

    第6章 ドナルド・トランプ政権(2017年1月~21年1月)
    1 政権の始動
    2 エルサレムの首都認定
    3 パレスチナ支援
    4 世紀のディール
    5 イスラエル・アラブ諸国の国交正常化
    6 パレスチナの内部情勢

    第7章 入植地、アウトポスト問題
    1 ネタニヤフ政権の政策
    2 極右政権の発足

    終章 二国家解決策
    おわりに

    [附録]入植地とアウトポストの概観
    あとがき
    略語一覧

    索引
  • 出版社からのコメント

    イスラエルとパレスチナの和平交渉を知ることは、この問題を理解することと同義。経過を客観的に跡づけ、失敗の構造を明らかにする。
  • 内容紹介

    1948年のイスラエル建国以来、イスラエルとパレスチナの間には紛争が絶えない。一方で90年代初頭から両者は二国家解決を目指してなんども和平交渉を試み、失敗をくり返してきた。しかしその交渉は2014年4月を最後に途絶える。以来、国際社会はこの問題への関心を急速に失い、イスラエルとアラブ諸国の接近はパレスチナを置き去りにするかに見えた。この状況は2023年10月7日、ハマスによるイスラエルへの大規模攻撃で一変した。
    イスラエルとパレスチナの歴史を振り返れば、暴力は問題を少しも解決しなかった。和平交渉も膠着を打開できなかった点では同じだ。しかし、お互いが聖地とする限られた土地に隣人として生きるイスラエルとパレスチナには、武力による決着ではなく、なんらかの共生しか道はない。
    本書はイスラエルとパレスチナの和平交渉について、その30年にわたる経過を客観的かつ丹念に跡づける。和平を目指して無数の文書や合意が交わされながら、それはいつも類似のパターンで潰えてきた。それはなぜなのか? 交渉の機微を読むことは、この問題を理解することに他ならない。それは解決への道筋を考える上で欠かせないプロセスとなるだろう。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    阿部 俊哉(アベ トシヤ)
    1968年生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科国際政治学専攻修了。1993年国際協力事業団(現国際協力機構)(JICA)入社後、企画部パレスチナ担当を経て、1998年にパレスチナ事務所の立ち上げに関わり、3年間赴任。2007年に国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)本部に出向し、上級開発担当官として人道と開発の連携を担当。2019年1月から2023年2月までJICAパレスチナ事務所長を務めた。現在はJICA評価部部長。東京大学先端科学技術研究センター客員研究員
  • 著者について

    阿部俊哉 (アベトシヤ)
    (あべ・としや)
    1968年生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科国際政治学専攻修了。1993年国際協力事業団(現 国際協力機構)(JICA)入社後、企画部パレスチナ担当を経て、1998年にパレスチナ事務所の立ち上げに関わり、3年間赴任。2007年に国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)本部に出向し、上級開発担当官として人道と開発の連携を担当。2019年1月から2023年2月までJICAパレスチナ事務所長を務めた。現在はJICA評価部部長。東京大学先端科学技術研究センター客員研究員。著書『パレスチナ――紛争と最終的地位問題の歴史』(ミネルヴァ書房、2004年)。
    *ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

パレスチナ和平交渉の歴史―二国家解決と紛争の30年 の商品スペック

商品仕様
出版社名:みすず書房
著者名:阿部 俊哉(著)
発行年月日:2024/05/10
ISBN-10:4622097060
ISBN-13:9784622097068
判型:B6
発売社名:みすず書房
対象:一般
発行形態:単行本
内容:政治含む国防軍事
言語:日本語
ページ数:392ページ
縦:20cm
重量:455g
他のみすず書房の書籍を探す

    みすず書房 パレスチナ和平交渉の歴史―二国家解決と紛争の30年 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!