昆虫と食草ハンドブック [図鑑]

販売休止中です

    • 昆虫と食草ハンドブック [図鑑]

    • ¥2,42073ポイント(3%還元)
昆虫と食草ハンドブック [図鑑]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003836891

昆虫と食草ハンドブック [図鑑]



ゴールドポイントカード・プラスのクレジット決済で「書籍」を購入すると合計10%ポイント還元!書籍の購入はゴールドポイントカード・プラスのクレジット決済がお得です。
通常3%ポイント還元のところ、後日付与されるクレジット決済ポイント(1%)と特典ポイント(6%)で合計10%ポイント還元!詳しくはこちら

価格:¥2,420(税込)
ポイント:73ポイント(3%還元)(¥73相当)
フォーマット:
日本全国配達料金無料
出版社:文一総合出版
販売開始日: 2024/05/31
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

昆虫と食草ハンドブック [図鑑] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    チョウ類、ガ類、甲虫類、カメムシ類と、その虫が食べる食草を紹介。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    チョウ目(チョウ類)(アゲハチョウ類;ミカン科の樹木 ほか)
    チョウ目(ガ類)(ホタルガ/オキナワルリチラシ;ミノウスバ/イボタガ ほか)
    甲虫目(ゴマダラカミキリ/クワカミキリ;ニジュウヤホシテントウ/トホシテントウ ほか)
    カメムシ目(アカスジカメムシ/キバラヘリカメムシ;エサキモンキツノカメムシ/アカスジキンカメムシ ほか)
  • 出版社からのコメント

    代表的な昆虫227 種とその昆虫が食べる植物155 種を掲載。昆虫と植物両方を調べることができるハンディ図鑑。
  • 内容紹介

    昆虫とその昆虫が食べる植物を調べることができる画期的な図鑑!

    虫を探すときに有力な手がかりとなるのが、その虫が食べる植物、すなわち食草です。あこがれのチョウ、オオムラサキの幼虫を探したいと思ったら食草のエノキを、また、成虫に会いたいと思ったら、樹液が出るクヌギなどを調べて探すことになるでしょう。逆に、植物の名前を知りたいとき、その植物を食べている虫がいたら、虫がヒントになって植物の名前がわかることもあります。

    本書は、そんな昆虫と植物のつながりに注目し、昆虫と食草の両方を同時に紹介した、ほかに類を見ない図鑑です。お目当ての昆虫や食草を探しに行くときはもちろん、フィールドでたまたま出会った昆虫や植物の名前を調べるのにも役立ちます。

    ********************************************
    昆虫は知っているけれど、植物の名前がわからない。植物はわかるけれど、昆虫はよく知らない。そんな二人の著者が、2007年に制作し好評を得た図鑑が、本書の母体となった『昆虫の食草・食樹ハンドブック』(昆虫82 種・植物68 種掲載・80 ページ)。それから17 年を経て、情報量を大幅アップしてお届けするのが本書です。「より多くの種類を知りたい!」という読者(と著者自身)の要望に応え、昆虫は3倍近い223 種、植物は2 倍以上の155 種を掲載、総ページ数もほぼ倍の152 ページと、大きく進化しました。さらに、巻頭には主な昆虫と食草を並べた「主な掲載種一覧」を設け、また「エノキに集まる虫」や「クヌギに集まる虫」など、植物に集まる虫を一堂に集めた特集ページを「植物から虫を探す」という新たな視点で加えました。従来から掲載していた昆虫や植物も、写真や解説を数多く追加・更新しています。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    森上 信夫(モリウエ ノブオ)
    1962年埼玉県生まれ。昆虫写真家。昆虫がアイドルだった昆虫少年がカメラを手にし、そのアイドルの“追っかけファン”に転じ、現在に至る。1996年、「伊達者(だてもの)競演‐昆虫のおなか」で、第13回アニマ賞を受賞。著書に、アニマ賞受賞作を収めた『虫のくる宿』(アリス館)などがある。埼玉昆虫談話会、神奈川昆虫談話会会員。立教大学卒

    林 将之(ハヤシ マサユキ)
    1976年山口県生まれ。植物図鑑作家、編集デザイナー、環境ジャーナリスト。千葉大学園芸学部卒。幼少期から虫や魚、自然が好きで、大学では造園設計を専攻し、植物とデザインを学ぶ。葉で樹木を見分ける方法を独学し、国内外の森を巡り、葉を収集・スキャン。初心者にも分かりやすく伝えることテーマに執筆活動や観察会、講演会などを行う。2023年まで沖縄に10年居住。樹木鑑定webサイト「このきなんのき」主宰
  • 著者について

    森上信夫 (モリウエノブオ)
    1962年埼玉県生まれ。昆虫写真家。昆虫がアイドルだった昆虫少年がカメラを手にし、そのアイドルの“追っかけファン” に転じ、現在に至る。1996 年、「伊達者(だてもの)競演-昆虫のおなか」で、第13 回アニマ賞を受賞。著書に、アニマ賞受賞作を収めた『虫のくる宿』(アリス館)や、自伝エッセイ『オオカマキリと同伴出勤』(築地書館)、『虫のオスとメス、見分けられますか?』(ベレ出版)、『散歩で見つける 虫の呼び名事典』(世界文化社)、『ようこそ! 虫のぬけがら博覧会』(少年写真新聞社)などがある。埼玉昆虫談話会、神奈川昆虫談話会会員。立教大学卒。ブログ「昆虫写真家・森上信夫のときどきブログ」http://moriuenobuo.blog.fc2.com/

    林 将之 (ハヤシマサユキ)
    1976 年山口県生まれ。植物図鑑作家、編集デザイナー、環境ジャーナリスト。千葉大学園芸学部卒。幼少期から虫や魚、自然が好きで、大学では造園設計を専攻し、植物とデザインを学ぶ。葉で樹木を見分ける方法を独学し、国内外の森を巡り、葉を収集・スキャン。初心者にも分かりやすく伝えることテーマに執筆活動や観察会、講演会などを行う。2023 年まで沖縄に9 年居住。主な著書に『樹木の葉』(山と溪谷社)、『葉で見わける樹木』(小学館)、『樹皮ハンドブック』(文一総合出版)、『沖縄の身近な植物図鑑』(ボーダーインク)、『葉っぱはなぜこんな形なのか?』(講談社)など。樹木鑑定webサイト「このきなんのき」主宰。

昆虫と食草ハンドブック [図鑑] の商品スペック

商品仕様
出版社名:文一総合出版
著者名:森上 信夫(著)/林 将之(著)
発行年月日:2024/06/15
ISBN-10:4829981814
ISBN-13:9784829981818
旧版ISBN:9784829900260
判型:B6
対象:一般
発行形態:図鑑
内容:生物学
言語:日本語
ページ数:152ページ
縦:19cm
横:11cm
厚さ:1cm
重量:200g
他の文一総合出版の書籍を探す

    文一総合出版 昆虫と食草ハンドブック [図鑑] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!