60分でわかる!最新著作権超入門―THE BEGINNER'S GUIDE TO COPYRIGHT ACT [単行本]
    • 60分でわかる!最新著作権超入門―THE BEGINNER'S GUIDE TO COPYRIGHT ACT [単行本]

    • ¥1,54047ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年7月21日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003845463

60分でわかる!最新著作権超入門―THE BEGINNER'S GUIDE TO COPYRIGHT ACT [単行本]



ゴールドポイントカード・プラスのクレジット決済で「書籍」を購入すると合計10%ポイント還元!書籍の購入はゴールドポイントカード・プラスのクレジット決済がお得です。
通常3%ポイント還元のところ、後日付与されるクレジット決済ポイント(1%)と特典ポイント(6%)で合計10%ポイント還元!詳しくはこちら

価格:¥1,540(税込)
ポイント:47ポイント(3%還元)(¥47相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年7月21日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:技術評論社
販売開始日: 2024/06/25
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

60分でわかる!最新著作権超入門―THE BEGINNER'S GUIDE TO COPYRIGHT ACT の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    クリエイター、発注者、利用者も必読のケーススタディ。基礎知識からウェブサービス、SNS、AIビジネスまで。デジタル時代の著作物を保護する、利用する、武器とする!その利用は違法か?生成AIと著作権侵害とは?引用が可能な範囲は?実務に役立つ!ひな形付き。(著作権譲渡契約書)(著作物ライセンス契約書)
  • 目次

    1分でわかる デジタル時代の著作権 Q&A

    Part1
    デジタル時代も変わらない基礎知識
    著作権とは何か

    001 著作権法の目的とデジタル社会における技術の進歩
    002 著作権法の特徴と他の知的財産権との違い
    003 著作物、著作者、著作権者と著作者の権利
    004 著作物とは著作権法により保護される対象
    005 著作者人格権とは著作者にのみ帰属する権利
    006 著作物を翻案して創作される二次的著作物とその権利関係
    007 誰が著作者になるのか? 著作者の認定と職務著作等の例外
    008 著作権の保護期間(存続期間)は70年に
    009 著作隣接権の内容とその権利が認められる者
    Column 所有権と著作権の違い

    Part2 著作権の基礎知識
    著作権法で保護される権利を理解する

    010 著作権法で保護される権利はどのような内容か
    011 著作権(1) 著作物の法定利用行為と著作権の代表例である「複製権」
    012 著作権(2) 上演、演奏、公衆送信等を可能とする著作物の「提示」の類型
    013 著作権(3) 著作物の「提供」類型の3パターン 頒布、譲渡、貸与
    014 著作物の種類とプログラムの著作物
    015 「 編集著作物」と「データベース著作物」
    016 「 出版権」は著作物の利用を排他的に行う権利
    017 美術の著作物の保護範囲
    Column コピーライト表記は不要?


    Part3 著作権に開いた穴
    権利制限規定を使いこなす

    018 公正な利用促進のための「権利制限規定」とは
    019 権利制限規定における3つのカテゴリとその根拠
    020 もっとも身近な権利制限規定「私的使用目的の複製」
    021 写り込み等は「付随対象著作物の利用」として認められている
    022 図書館等の蔵書のコピーは認められている
    023 引用(1)「 引用による利用」と旧来の裁判例における引用の要件
    024 引用(2)「 公正な慣行」と「引用の目的」は個別に判断される
    025 著作物の検討の過程において認められる利用
    026 学校の教育活動において認められる利用
    027 美術の著作物等に適用がある特別な権利制限規定
    Column 著作物でないデータベースの利用と不法行為


    Part4
    著作権者・著作物利用者双方の立場から
    デジタル時代の著作権の使い方 .

    028 権利者からみた著作権の活用方法
    029 他人の著作物を利用したい場合に検討する権利処理の方法
    030 著作権の譲渡時には、当然には譲渡できない権利に注意が必要
    031 著作物のライセンスとその利用権
    032 著作権等の侵害と差止請求・損害賠償請求
    033 著作権侵害の要件は類似性と依拠性の両方を満たすこと
    034 著作権侵害では損害賠償額が推定されることがある
    035 共有となった著作権は他の共有者の合意がないと利用できない
    036 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CCライセンス)とは
    037 OSS(オープンソースソフトウェア) と著作権
    Column 商用利用かどうかは権利処理に影響するのか?

    Part5
    利用者が知っておくべき
    ウェブサービス・SNSと著作権

    038 「 著作権フリー」素材でも利用には注意が必要
    039 リンクを張る行為と著作権侵害
    040 SNSやブログで他人の著作物を投稿する際の留意点
    041 X(旧Twitter)と著作権(1) 他人の投稿をスクショした画像
    042 X(旧Twitter)と著作権(2) リツイートと著作者人格権
    043 建築物を撮影した写真をウェブで利用する場合の注意点
    044 コンテンツ制作に関する契約と著作権(1) 発注者の立場から
    045 コンテンツ制作に関する契約と著作権(2) 受注者の立場から
    046 他社の利用規約をそのまま使用すると、著作権侵害になるのか
    047 コンテンツの軽微利用が認められる所在検索サービス
    048 「 歌ってみた」「弾いてみた」投稿と著作権法
    049 事業者によるユーザー投稿コンテンツの権利処理
    050 NFTコンテンツと著作権
    Column 著作権法上の引用要件を満たしているのに「かさねて許諾」を得る必要はあるのか

    Part6
    機械学習や生成AIに関する法律
    AI 時代の著作権を知るケーススタディ

    051 AIと著作権法の問題領域
    052 AI開発・学習のための複製・利用は原則著作権侵害とならない
    053 「 著作権法30条の4」の導入により何が変わったのか
    054 生成AIにおける「学習」と「著作権法30条の4」の限界
    055 無許諾でAI学習に利用できない例外を定めた「著作権法30条の4ただし書」
    056 AI開発・学習とライセンス処理
    057 RAG(検索拡張生成)と著作権侵害
    058 生成AIの利用による著作権侵害
    059 画像生成AIにおけるLoRAと著作権侵害
    060 生成AIによる「偶然」の類似物生成と著作権侵害
    061 AI生成物に著作物性が認められるか
    062 日本国著作権法の適用範囲は利用行為地で決まる

    ● 付録 契約書ひな形
  • 内容紹介

    「その利用は違法か?」「無断引用はOKか?」「70年経てば著作権はすべて切れる?」
    「AI生成物はプロンプトを入力した人の著作物として保護される?」
    基礎知識からウェブサービス、SNS、AIビジネスまで
    デジタル時代の著作物を保護する、利用する、武器とする!

    最新IT、コンテンツビジネスといった著作権に強いSTORIA法律事務所の弁護士陣が執筆する、基本から最新のトピックまで「著作権」を俯瞰する1冊。商品やコンテンツといったクリエイティブに対する権利を明確にし、法に則った運営が求められる現代、活用する側も権利関係に疎いではすまされません。一方、クリエイターやサービス提供者にとっても法律は自衛の手段となり、著作権法の理解は必須です。
    本書は法律面の知識が心もとない方に向け、「著作権、著作権法とはなにか」「どのような理解と対策を必要とするか」法律の解釈から近年の判例、ケーススタディをまとめたハンディガイド。話題の生成AIや機械学習についても、最新の事例を用いて案内します。
    【実務に役立つ ひな形付き】著作権譲渡契約書/著作物ライセンス契約書
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    柿沼 太一(カキヌマ タイチ)
    弁護士(兵庫県弁護士会)。2000年弁護士登録。2015年STORIA法律事務所を共同設立。専門分野はスタートアップ法務、AI・データ法務、ヘルスケア法務。現在、様々なジャンルのスタートアップを顧問弁護士として多数サポートしている。日本ディープラーニング協会(JDLA)理事(2023.7~)日本データベース学会理事(2020.8~)。「第2回 IP BASE AWARD」知財専門家部門グランプリを受賞(2021)

    杉浦 健二(スギウラ ケンジ)
    弁護士(第一東京弁護士会)。2007年弁護士登録。2015年STORIA法律事務所を共同設立

    山城 尚嵩(ヤマシロ ナオタカ)
    弁護士(兵庫県弁護士会)。2016年弁護士登録。同年STORIA法律事務所入所。音楽家のための法律相談サービス「Law and Theory」運営メンバー。主として、AI・データ法務、アーティストやクリエイターを含むコンテンツ・エンタテインメント領域のビジネスを取り扱う

    石田 怜夢(イシダ サトム)
    弁護士(兵庫県弁護士会)。2023年弁護士登録。同年STORIA法律事務所入所。主として、スタートアップ支援やエンタテインメント法務に注力している

    齋藤 直樹(サイトウ ナオキ)
    弁護士(兵庫県弁護士会)。2023年弁護士登録。海上自衛隊勤務を経て、2023年STORIA法律事務所入所。主として、利用規約や契約書の作成、エンタテインメント法務に注力している
  • 著者について

    STORIA法律事務所 柿沼 太一 石田 怜夢 齋藤 直樹 坂田 晃祐 杉野 直子 田代 祐子 菱田 昌義 山口 宏和 (ストーリアホウリツジムショ カキヌマ タイチ)
    STORIA法律事務所AI・IT・データ法務、コンテンツビジネス法務を中心に、上場企業からスタートアップまで様々な企業をサポート。2015年設立、所属弁護士数10名(神戸・東京。2024年6月現在)。https://storialaw.jp/柿沼 太一(かきぬま たいち)弁護士[兵庫県弁護士会]2000年弁護士登録。2015年STORIA法律事務所を共同設立。専門分野はスタートアップ法務、AI・データ法務、ヘルスケア法務。現在、様々なジャンルのスタートアップを顧問弁護士として多数サポートしている。日本ディープラーニング協会(JDLA)理事(2023.7ー)日本データベース学会理事(2020.8ー)。「第2回 IP BASE AWARD」知財専門家部門グランプリを受賞(2021) 。

    杉浦 健二 (スギウラ ケンジ)
    弁護士[第一東京弁護士会]2007年弁護士登録。2015年STORIA法律事務所を共同設立。主な著作として『新アプリ法務ハンドブック』(日本加除出版、2022年)『AIプロファイリングの法律問題』(商事法務、2023年)「エンジニアも覚えておきたいIT業界の法律知識」(Software Design連載)(いずれも共編著)。

    山城 尚嵩 (ヤマシロ ナオタカ)
    弁護士[兵庫県弁護士会]2016年弁護士登録。同年STORIA法律事務所入所。音楽家のための法律相談サービス「Law and Theory」運営メンバー。『AIプロファイリングの法律問題』(商事法務、2023年)、『職種別にわかる!フリーランス・トラブル対応の弁護士実務』(第一法規、2023年)執筆。主として、AI・データ法務、アーティストやクリエイターを含むコンテンツ・エンタテインメント領域のビジネスを取り扱う。

    石田 怜夢 (イシダ サトム)
    弁護士[兵庫県弁護士会]2023年弁護士登録。同年STORIA法律事務所入所。主として、スタートアップ支援やエンタテインメント法務に注力している。

    齋藤 直樹 (サイトウ ナオキ)
    弁護士[兵庫県弁護士会]2023年弁護士登録。海上自衛隊勤務を経て、2023年STORIA法律事務所入所。主として、利用規約や契約書の作成、エンタテインメント法務に注力している。

    坂田 晃祐 (サカタコウスケ)
    弁護士[兵庫県弁護士会]2020年弁護士登録。同年STORIA法律事務所入所。『AIプロファイリングの法律問題』(商事法務、2023年)「エンジニアも覚えておきたいIT業界の法律知識」(Software Design連載)執筆。2024年4月より経済産業省商務情報政策局情報経済課に出向。

    杉野 直子 (スギノナオコ)
    弁護士[兵庫県弁護士会]2010年弁護士登録。2015年STORIA法律事務所入所。「エンジニアも覚えておきたいIT業界の法律知識」(Software Design連載)執筆(共編著)。

    田代 祐子 (タシロ ユウコ)
    弁護士[第二東京弁護士会]2000年弁護士登録。2019年STORIA法律事務所入所。「エンジニアも覚えておきたいIT業界の法律知識」(Software Design連載)執筆(共編著)。主として、AIをはじめとするスタートアップ支援に従事。

    菱田 昌義 (ヒシダ マサヨシ)
    弁護士[兵庫県弁護士会]2013年弁護士登録。2018年STORIA法律事務所入所。主たる著作として「会社法429条1項の損害認定における特許法102条2項の適用の可否」(金融・商事判例1685号2頁以下)、「弁護士費用賠償の法理―判例群からの類型論的考察ー」自由と正義72巻13巻48頁以下など。

    山口 宏和 (ヤマグチ ヒロカズ)
    弁護士[兵庫県弁護士会]2018年弁護士登録。同年STORIA法律事務所入所。主としてAI・データ法務を取り扱い、現在はAI医療機器等を開発するスタートアップ支援に注力している。AI法研究会所属。厚生労働省 医療系ベンチャー・トータルサポート事業(MEDISO)サポーター(2023年ー)

60分でわかる!最新著作権超入門―THE BEGINNER'S GUIDE TO COPYRIGHT ACT の商品スペック

商品仕様
出版社名:技術評論社
著者名:STORIA法律事務所(編著)/柿沼 太一(編著)/杉浦 健二(編著)/山城 尚嵩(編著)/石田 怜夢(著)/齋藤 直樹(著)/坂田 晃祐(著)/杉野 直子(著)/田代 祐子(著)/菱田 昌義(著)/山口 宏和(著)
発行年月日:2024/07/06
ISBN-10:4297142120
ISBN-13:9784297142124
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:法律
言語:日本語
ページ数:152ページ
縦:19cm
他の技術評論社の書籍を探す

    技術評論社 60分でわかる!最新著作権超入門―THE BEGINNER'S GUIDE TO COPYRIGHT ACT [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!