「年収6割でも週休4日」という生き方 (小学館) [電子書籍]
    • 「年収6割でも週休4日」という生き方 (小学館) [電子書籍]

    • ¥46293ポイント(20%還元)
    • すぐ読めます
こちらの商品は電子書籍版です
100000086600127805

「年収6割でも週休4日」という生き方 (小学館) [電子書籍]

価格:¥462(税込)
ポイント:93ポイント(20%還元)(¥93相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
出版社:小学館
公開日:2014年01月10日
すぐ読めます。
ご確認事項:電子書籍リーダーアプリ「Doly」専用コンテンツ

「年収6割でも週休4日」という生き方 (小学館) の 商品概要

  • 経営者の最大の責務は、社員の生活を守ることです。

    石油に依存したグローバル経済はいずれ破綻し、日本経済も大幅に縮小する時代がやって来ます。そのときわれわれはどう生きるべきでしょうか。
    IT企業の経営者でもある著者は、古き良き日本の経営哲学を学びました。「経営者の最大の責務は、社員とその家族の生活を守ること」という信念のもと、たとえ業績が悪化しても、ひとりもリストラしないと全社員に約束しました。
     最悪の場合は、社員と経営者の年収を6割まで減らすことも同時に言明しています。
     しかし給料とは労働の対価です。一方的に減らすのは公正ではありません。そこで週休四日まで勤務時間を減らすことを提案しています。
     こうして生まれた時間を使って、社員が自給自足的生活に移ることを著者は奨励し、その準備を支援しています。自らも石油に頼らずに自立する生活を始めています。
     これは一企業のあり方にとどまりません。日本人が、これからの生き方を考えるときに、ひとつのモデルとなる考え方です。
    最後に日本が米国のカジノ経済から脱却しない限り、壊滅的な損害を受けることを指摘し、すぐにでもできる4つの経済政策を緊急提言しています。

「年収6割でも週休4日」という生き方 (小学館) の商品スペック

書店分類コード
I010
Cコード
0095
出版社名
小学館
紙の本のISBN-13
9784093878746
他の小学館の電子書籍を探す
ファイルサイズ
4.1MB
著者名
ビル トッテン
著述名
著者

    小学館 「年収6割でも週休4日」という生き方 (小学館) [電子書籍] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!