大河の一滴 【五木寛之ノベリスク】(講談社) [電子書籍]
    • 大河の一滴 【五木寛之ノベリスク】(講談社) [電子書籍]

    • ¥44088ポイント(20%還元)
    • すぐ読めます
100000086600172556

大河の一滴 【五木寛之ノベリスク】(講談社) [電子書籍]

五木寛之(著者)
価格:¥440(税込)
ポイント:88ポイント(20%還元)(¥88相当)
出版社:講談社
公開日: 2013年06月28日
すぐ読めます。
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:電子書籍リーダーアプリ「Doly」専用コンテンツ

カテゴリランキング

こちらの商品は電子書籍版です

大河の一滴 【五木寛之ノベリスク】(講談社) [電子書籍] の 商品概要

  • どんなに前向きに生きようとも、誰しもふとした折に、心が萎えることがある。だが本来、人間の一生とは、苦しみと絶望の連続である。そう“覚悟”するところからすべては開けるのだ――。究極のマイナス思考から出発したブッダや親鸞の教え、平壌で敗戦を迎えた自身の経験からたどりついた究極の人生論。〈心の内戦〉に疲れたすべての現代人へ贈る、強く生き抜くためのメッセージ。
  • 目次

    人はみな大河の一滴
     なぜかふと心が萎える日に
     人生は苦しみと絶望の連続である
     ブッダは究極のマイナス思考から出発した
     なにも期待しないという覚悟で生きる
     小さな人間像への共感
     少年のころ大同江のほとりで感じたこと
     人は死んだらどこへいくのか
     「地獄は一定」と思いたい
     大河の一滴としての自分を見つめて

    滄浪の水が濁るとき
     「善キ者ハ逝ク」という短い言葉
     屈原の怒りと漁師の歌声
     この世に真実はないのか
     水が濁ったときには足を洗えばよい

    反常識のすすめ
     内なる声を聴くということ
     科学は常に両刃の剣である
     他人とちがうただひとりの自己
     腹八分から腹五分へ

    ラジオ深夜一夜物語
     私たちは〈心の内戦〉の時代に生きている
     自分を憎む者は他人を憎む
     現実から消えた最期の風景
     人は死ぬのではない、死んでいくのだ
     命をささえる見えない力
     生の手ごたえを実感して生きる
     あれか、これか、の選択ではなく
     黄金時代を遠くはなれて
     たゆまぬユーモアは頑健な体をしのぐ
     かつて〈体〉と〈心〉は一致して人間をつくっていた
     体のなかの辺境を大切に生きる
    ほか

大河の一滴 【五木寛之ノベリスク】(講談社) [電子書籍] の商品スペック

出版社名 講談社
紙の本のISBN-13 9784064213446
ファイルサイズ 0.6MB
他の講談社の電子書籍を探す
著者名 五木寛之
著述名 著者

    講談社 大河の一滴 【五木寛之ノベリスク】(講談社) [電子書籍] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!