タニタはこうして世界一になった―「タニタの社員食堂」誕生秘話を交えて (講談社) [電子書籍]
    • タニタはこうして世界一になった―「タニタの社員食堂」誕生秘話を交えて (講談社) [電子書籍]

    • ¥1,155231ポイント(20%還元)
    • すぐ読めます
こちらの商品は電子書籍版です
100000086600173348

タニタはこうして世界一になった―「タニタの社員食堂」誕生秘話を交えて (講談社) [電子書籍]

価格:¥1,155(税込)
ポイント:231ポイント(20%還元)(¥231相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
出版社:講談社
公開日:2013年12月20日
すぐ読めます。
ご確認事項:電子書籍リーダーアプリ「Doly」専用コンテンツ

タニタはこうして世界一になった―「タニタの社員食堂」誕生秘話を交えて (講談社) の 商品概要

  • 低迷する業績、赤字への転落。社員をリストラせざるを得ない状況にまで追い込まれていたタニタの経営を任された著者が掲げた目標は「ヘルスメーター売り上げ世界一」。独自の「コンセプト経営」と「健康への思い」はやがて実を結び、思わぬ副産物を生むことに。社員食堂の生みの親である著者の半生や創業からの会社の歴史を振り返りながら、タニタを世界一に導いた男の「経営論」と、大切に守り続けてきた「健康への思い」を綴る。
  • 目次

    はじめに

    1章/タニタの社員食堂は、なぜヒットした?
     「人を移動させることがビジネスだ」/「体重計」から「体重」に/会社から肥満をなくす社員食堂/一年間同じメニューを出さない/他

    2章/タニタの歩み ~シガレットケースからヘルスメーターへ~
     戦後間もないシガレットケース/モーター、トースター、ヘルスメーター/「はかり総合メーカー」へと転身/「たにだ」から「タニタ」へ/他

    3章/四男坊の副社長
     英語の基礎を学んだ立教小学校/麻雀の上手な友人/「金なら多少遣っても構わない」/ラグビーとゴルフで学んだメンタルコントロール/他

    4章/赤字からのスタート
     どの部門が赤字かわからなかった/ライターからの撤退/自社ブランドの必要性/タニタを思い出してもらえるのはヘルスメーター

    5章/世界一への挑戦
     このままでは会社がダメになる!/至福の1500円ランチ/立ち小便をしながら「よし、いいでしょう」/40歳から19歳になった平均年齢/他

    6章/海外進出
     ランキング外からのスタート/最初は失敗した中国進出/天安門事件二日後の中国入り/世界の販売拠点/他

    ほか

タニタはこうして世界一になった―「タニタの社員食堂」誕生秘話を交えて (講談社) の商品スペック

書店分類コード
I330
Cコード
0095
出版社名
講談社
紙の本のISBN-13
9784062186759
他の講談社の電子書籍を探す
ファイルサイズ
1.3MB
著者名
谷田 大輔
著述名
著者

    講談社 タニタはこうして世界一になった―「タニタの社員食堂」誕生秘話を交えて (講談社) [電子書籍] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!