2050 老人大国の現実―超高齢化・人口減少社会での社会システムデザインを考える (東洋経済新報社) [電子書籍]
    • 2050 老人大国の現実―超高齢化・人口減少社会での社会システムデザインを考える (東洋経済新報社) [電子書籍]

    • ¥1,584317ポイント(20%還元)
    • すぐ読めます
100000086600240766

2050 老人大国の現実―超高齢化・人口減少社会での社会システムデザインを考える (東洋経済新報社) [電子書籍]

渡辺 智之(著者)小笠原 泰(著者)
価格:¥1,584(税込)
ポイント:317ポイント(20%還元)(¥317相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
出版社:東洋経済新報社
公開日: 2015年02月09日
すぐ読めます。
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:電子書籍リーダーアプリ「Doly」専用コンテンツ
こちらの商品は電子書籍版です

2050 老人大国の現実―超高齢化・人口減少社会での社会システムデザインを考える (東洋経済新報社) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)
    2025年には団塊の世代が後期高齢期に入り終える。2050年には団塊ジュニアの世代が後期高齢期に入り終える。このままでは、その時、実質GDPは現在より4割落ち込み、国税収入のほとんどを貧しい高齢者の生活保護で使い切る。国家の役割を限定し、国が提供するサービス、国家と個人の関係を見直さなければ、社会保障制度の破たんは避けられない。そのような大改革を、国民は英断しなければならない。
    目次(「BOOK」データベースより)
    序章 出発点は現実の直視
    第1章 麻薬としての経済成長信仰―社会保障制度の破たんは想定外?
    第2章 2050年の日本の姿―2025年の後に控える悲惨な将来図
    第3章 福祉国家からナショナルミニマム国家への転換―視座の転換、すなわち、常識は必ず変わる
    第4章 ナショナルミニマム国家における社会保障システムとは―グランド・デザインと現実的な対応策のスケッチ
    終章 求められる英断
    著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
    小笠原 泰(オガサワラ ヤスシ)
    明治大学国際日本学部教授。1957年、鎌倉生まれ。東京大学卒、シカゴ大学社会科学大学院・経営学大学院修了。マッキンゼー&カンパニーを経て、アグリメジャーである米国カーギル社ミネアポリス本社入社。ミネアポリス本社、カーギルB.V.(オランダ)、カーギルPLC(イギリス)勤務を経て、NTTデータ経営研究所へ。同社パートナーを経て、2009年4月より現職

    渡辺 智之(ワタナベ サトシ)
    一橋大学大学院経済学研究科及び国際・公共政策大学院教授。1957年、京都市生まれ。東京大学卒、プリンストン大学大学院経済学研究科卒、Ph.D.財務省勤務、IMFアジア局エコノミスト、OECD租税委員会第9作業部会副議長、一橋大学経済研究所助教授、財務総合政策研究所研究部長、中央大学大学院国際会計研究科教授を経て、2005年4月より現職

2050 老人大国の現実―超高齢化・人口減少社会での社会システムデザインを考える (東洋経済新報社) の商品スペック

書店分類コード F430
Cコード 3033
紙の本のISBN-13 9784492395745
他の東洋経済新報社の電子書籍を探す
ファイルサイズ 10.8MB
著者名 渡辺 智之
小笠原 泰
著述名 著者

    東洋経済新報社 2050 老人大国の現実―超高齢化・人口減少社会での社会システムデザインを考える (東洋経済新報社) [電子書籍] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!