ビッグデータ時代のライフログ―ICT社会の"人の記憶" (東洋経済新報社) [電子書籍]
    • ビッグデータ時代のライフログ―ICT社会の"人の記憶" (東洋経済新報社) [電子書籍]

    • ¥2,112423ポイント(20%還元)
    • すぐ読めます
100000086600241087

ビッグデータ時代のライフログ―ICT社会の"人の記憶" (東洋経済新報社) [電子書籍]

安岡 寛道(著者)宍戸 常寿(著者)曽根原 登(著者)
価格:¥2,112(税込)
ポイント:423ポイント(20%還元)(¥423相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
出版社:東洋経済新報社
公開日: 2015年02月09日
すぐ読めます。
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:電子書籍リーダーアプリ「Doly」専用コンテンツ
こちらの商品は電子書籍版です

ビッグデータ時代のライフログ―ICT社会の"人の記憶" (東洋経済新報社) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)
    人の言動すべてがデジタルデータとして記録される!ビジネス、生活、法制度にいかなるインパクトがあるのか、実例に則して詳細に解説。
    目次(「BOOK」データベースより)
    第1章 「人の記憶」とライフログ
    第2章 ライフログによる減災や活用サービス
    第3章 ライフログとあなたの権利
    第4章 あなたのプライバシー度とライフログ活用
    第5章 「人の記憶」を代替する技術
    第6章 二〇二〇年の「人の記憶」にまつわる社会
    著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
    安岡 寛道(ヤスオカ ヒロミチ)
    野村総合研究所上級コンサルタント、博士(システムデザイン・マネジメント学/総合社会文化)。慶應義塾大学大学院修士課程理工学研究科電気工学専攻修了。慶應義塾大学大学院後期博士課程システムデザイン・マネジメント研究科修了。野村総合研究所入社。情報通信・CRMなどのコンサルティングに従事し、同社退社。その後、スクウェア(現スクウェア・エニックス)にてeビジネスの立ち上げ、Arthur Andersen Business Consulting(現PricewaterhouseCoopers)を経て、野村総合研究所再入社

    曽根原 登(ソネハラ ノボル)
    国立情報学研究所・総合研究大学院大学教授、工学博士。信州大学大学院工学研究科修了。日本電信電話公社(現・NTT)入社。以後、ファクシミリの研究実用化、神経回路網システム、手書き文字認識、気象予測システムの研究実用化、コンテンツID、コンテンツ流通システムなどの研究実用化に従事。その間、1988~1992年、国際電気通信基礎研究所(ATR)視聴覚研究所出向。2004年4月より、現職。2006年より、情報社会相関研究系研究主幹・教授

    宍戸 常寿(シシド ジョウジ)
    東京大学大学院法学政治学研究科准教授。東京大学法学部卒業。東京大学大学院法学政治学研究科助手、首都大学東京法科大学院准教授、一橋大学大学院法学研究科准教授を経て、現職。専門は、憲法・情報法。総務省「今後のICT分野における国民の権利保障等の在り方を考えるフォーラム」構成員、NHK情報公開・個人情報保護審議委員会委員、NHK受信料制度等専門調査会委員、民放連研究所客員研究員などを歴任

ビッグデータ時代のライフログ―ICT社会の"人の記憶" (東洋経済新報社) の商品スペック

書店分類コード I010
Cコード 3034
紙の本のISBN-13 9784492580974
他の東洋経済新報社の電子書籍を探す
ファイルサイズ 16.7MB
著者名 安岡 寛道
宍戸 常寿
曽根原 登
著述名 著者

    東洋経済新報社 ビッグデータ時代のライフログ―ICT社会の"人の記憶" (東洋経済新報社) [電子書籍] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!