ホントは教えたくない資産運用のカラクリ 投資と税金篇 (東洋経済新報社) [電子書籍]
    • ホントは教えたくない資産運用のカラクリ 投資と税金篇 (東洋経済新報社) [電子書籍]

    • ¥1,672335ポイント(20%還元)
    • すぐ読めます
100000086600241161

ホントは教えたくない資産運用のカラクリ 投資と税金篇 (東洋経済新報社) [電子書籍]

安間 伸(著者)
価格:¥1,672(税込)
ポイント:335ポイント(20%還元)(¥335相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
出版社:東洋経済新報社
公開日: 2015年02月09日
すぐ読めます。
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:電子書籍リーダーアプリ「Doly」専用コンテンツ
こちらの商品は電子書籍版です

ホントは教えたくない資産運用のカラクリ 投資と税金篇 (東洋経済新報社) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)
    この不況下に投資でこっそり儲け続けた筆者が、日本の惨状を見てやむなく公開する投資税制のカラクリの数々。
    目次(「BOOK」データベースより)
    1 誰も書かなかった 投資のカラクリ篇(「前門の手数料、後門の税金」
    15分でわかる日本の税制
    個人投資家をはめる罠
    金貸しになるかオーナーになるか)
    2 これが分かればお金持ちになれる 税金のカラクリ篇(預金とMMFの税制
    債券の税制
    株式の税制
    投資信託の税制
    その他商品の税制
    不公平な税制はやめてくれ!)
    著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
    安間 伸(アンマ シン)
    一橋大学法学部卒。三菱信託銀行にて債券デリバティブトレーダー、その子会社の投資顧問でファンドマネージャーとして資産運用の道へ進む。その後シティトラスト信託銀行に移籍し、個人富裕層向けグローバルバランス商品の運用を担当。特にグローバル債券運用、先物・オプションを使った裁定取引、投資パフォーマンス評価、投資税制、システム開発などに精通する。大学時代からの麻雀の勝ち金を元手にビッグ(信託銀行の貯蓄商品)を積み立てたのを皮切りに、外国債券・株式などへの投資で個人的な資産を増やす。申し訳ないことに自分が会社で担当していた商品をはるかに上回る好成績で、30代前半から毎年の投資収益が給料を上回り続ける。「平均的な」指数に追随しなくてはならないファンドマネージャーがつまらなくなり2002年に退社。現在は、日本人を「カモ投資家」から「普通の投資家」にするために、AFG/AFASなどに参画しながら、「ヘッジファンド運用」「システム開発」「投資家教育」の三本柱でビジネスを構築中。頭の中はいつも投資収益率を最大化することばかり考えている筋金入りのコントラリアンである。CFA、CMA

ホントは教えたくない資産運用のカラクリ 投資と税金篇 (東洋経済新報社) の商品スペック

書店分類コード I760
Cコード 3033
紙の本のISBN-13 9784492731659
他の東洋経済新報社の電子書籍を探す
ファイルサイズ 7.5MB
著者名 安間 伸
著述名 著者

    東洋経済新報社 ホントは教えたくない資産運用のカラクリ 投資と税金篇 (東洋経済新報社) [電子書籍] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!