若者の「心の病」がわかる本 「ひきこもり」から「家庭内暴力」まで・精神科医のカルテ(PHP研究所) [電子書籍]
    • 若者の「心の病」がわかる本 「ひきこもり」から「家庭内暴力」まで・精神科医のカルテ(PHP研究所) [電子書籍]

    • ¥510102ポイント(20%還元)
    • すぐ読めます
100000086600249932

若者の「心の病」がわかる本 「ひきこもり」から「家庭内暴力」まで・精神科医のカルテ(PHP研究所) [電子書籍]

価格:¥510(税込)
ポイント:102ポイント(20%還元)(¥102相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
出版社:PHP研究所
公開日: 2015年02月13日
すぐ読めます。
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:電子書籍リーダーアプリ「Doly」専用コンテンツ
こちらの商品は電子書籍版です

若者の「心の病」がわかる本 「ひきこもり」から「家庭内暴力」まで・精神科医のカルテ(PHP研究所) の 商品概要

  • 十七歳前後の若者による凶悪犯罪が続発している。事件を起こした若者の周辺の大人や同世代の反応は決まって「普通の子がなぜ?」という驚きや戸惑いばかりである。同じ年頃の子をもつ親は、わが子がわずかな変化を見せたとき「もしやうちの子も」と不安を感じることが多いのではなかろうか?本書では、大人には見えにくい若者の内面に隠された「心の闇」の存在を指摘する精神科医が、若者の心の叫びを解明し、その解決の糸口を探ろうと試みている。ひきこもりや家庭内暴力、いじめ、不登校等に直面した若者への臨床を通し著者は、豊かさの中で何不自由なく生きてきた結果、生きる目標を見失い、虚無感に苦しむ若者が多いと警告する。だが著者は、若者自身にその苦悩を克服する勇気が必要で、若さを立ち直る力として、決して親も子も希望を捨てないことを訴える。現代の若者が何を考えているか、本書の具体例は年頃の子をもつ親にとっては、大変参考になるであろう。

若者の「心の病」がわかる本 「ひきこもり」から「家庭内暴力」まで・精神科医のカルテ(PHP研究所) の商品スペック

発行年月日 2001/01/05
書店分類コード P320
Cコード 0112
出版社名 PHP研究所
他のPHP研究所の電子書籍を探す
紙の本のISBN-13 9784569574998
ファイルサイズ 4.0MB
著者名 町沢静夫
著述名

    PHP研究所 若者の「心の病」がわかる本 「ひきこもり」から「家庭内暴力」まで・精神科医のカルテ(PHP研究所) [電子書籍] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!