ワンダー・スクール・ボーイ 5(小学館) [電子書籍]
    • ワンダー・スクール・ボーイ 5(小学館) [電子書籍]

    • ¥46293ポイント(20%還元)
    • すぐ読めます
こちらの商品は電子書籍版です
100000086600264786

ワンダー・スクール・ボーイ 5(小学館) [電子書籍]

清水洋三(著者)
価格:¥462(税込)
ポイント:93ポイント(20%還元)(¥93相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
出版社:小学館
公開日:2014年06月09日
すぐ読めます。
ご確認事項:電子書籍リーダーアプリ「Doly」専用コンテンツ

カテゴリランキング

  • 電子書籍
  • - 101438位

ワンダー・スクール・ボーイ 5(小学館) [電子書籍] の 商品概要

  • ▼第23話/ラブリー▼第24話/希倫の心配事▼第25話/じゃじゃ馬ならし▼第26話/水着でドカン▼第27話/ゴッドギャンブラー天司▼第28話/用心棒●登場人物/椿天司(私立蘭城高校2年。父親の借金返済のため、学校に内緒で探偵稼業に励む)、立花希倫(私立蘭城高校2年。天司が探偵をしていることを知り、強引に助手となる)、室戸信乃(25歳。室戸探偵事務所長。天司の雇い主。頭脳明晰の謎の美女)、室戸雪(18歳。室戸探偵事務所員。天司のパートナー)●あらすじ/天司と同じクラスで、学年1位の秀才・赤松は、希倫の友達である裕美子に夢中。赤松にしつこくアタックされて困った裕美子は、あきらめさせるために、ある考えを思いつく。「覚醒剤を買うようにと二人組の男にからまれている少年を助けたら付き合ってあげる」というものだった。裕美子とどうしても付き合いたい赤松は、その少年を助けに行く。しかし、少年を助けるどころかその二人組の男に赤松、一緒にいた裕美子、希倫、天司が捕まってしまう。天司は、赤松たちを助けることができるか!?(第23話)▼天司が、怪盗Lに呼び出された。怪盗Lは、仲間に入れば天司の11億円の借金を肩代わりするというが、天司は探偵事務所を辞めて、怪盗Lの仲間になってしまうのか!?(第24話)●本巻の特徴/室戸探偵事務所には、相変わらず仕事の依頼がきていた。暴力団の用心棒になるなど、天司の活躍に目が離せない。

ワンダー・スクール・ボーイ 5(小学館) [電子書籍] の商品スペック

シリーズ名
WONDER SCHOOL BOY(ワンダースクールボーイ)〔SSC〕
Cコード
9979
出版社名
小学館
紙の本のISBN-13
9784091252159
他の小学館の電子書籍を探す
ファイルサイズ
46.2MB
著者名
清水洋三
著述名
著者

    小学館 ワンダー・スクール・ボーイ 5(小学館) [電子書籍] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!