アプサラス 5(小学館) [電子書籍]
    • アプサラス 5(小学館) [電子書籍]

    • ¥605121ポイント(20%還元)
    • すぐ読めます
100000086600268693

アプサラス 5(小学館) [電子書籍]

安部譲二(著者)深山雪男(著者)
価格:¥605(税込)
ポイント:121ポイント(20%還元)(¥121相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
出版社:小学館
公開日: 2015年03月09日
すぐ読めます。
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:電子書籍リーダーアプリ「Doly」専用コンテンツ
こちらの商品は電子書籍版です

アプサラス 5(小学館) [電子書籍] の 商品概要

  • ●あらすじ/もうひとつのアプサラス「イーグル」を持つ王鋭剣と、互いのアプサラスを賭けて、二つのサイコロの目を当てる「賽本引き」の勝負をする翔。1本目、2本目は一発で当てたものの、3本目になって翔は急に張ることができなくなってしまった。これまで翔に目を教えてきた天竺賽の声が聞こえなくなってしまったのだ。翔は何も張らないまま、ツボを開けるよう頼む。これで王の張った札が当たっていたら、アプサラスタイガーは王のものだ。皆が固唾を呑むなか、ツボが開けられる。するとサイコロはツボの中で重なっていた。この場合、目は成立しない事になる。放心状態の翔。ほっとする周りの人達。だが、王が張った札は…!?(第40話)。●本巻の特徴/本来ならアプサラスタイガーは、目無しを当てた王のもの。だが彼はあえて、この場にいる他の七人が一人ずつ翔と対戦して、勝ち残った者が再び王とアプサラスタイガーを賭けた勝負をするという提案をした。それに従って、翔と曲者たちとの対決が始まる。役者・政とは「刷りモン」、トンガリ松とは「プロ野球の勝敗当て」、銀造とは「釣り」、カッパとは「競馬のサカヘコ」で勝負。緊迫した、だがユーモラスでもある対決が続く!

アプサラス 5(小学館) [電子書籍] の商品スペック

シリーズ名 アプサラス
Cコード 9979
出版社名 小学館
紙の本のISBN-13 9784091524959
他の小学館の電子書籍を探す
ファイルサイズ 58.0MB
著者名 安部譲二
深山雪男
著述名 著者

    小学館 アプサラス 5(小学館) [電子書籍] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!