死にたくないが、生きたくもない。(幻冬舎新書) [電子書籍]
    • 死にたくないが、生きたくもない。(幻冬舎新書) [電子書籍]

    • ¥752151ポイント(20%還元)
    • すぐ読めます
こちらの商品は電子書籍版です
100000086600271568

死にたくないが、生きたくもない。(幻冬舎新書) [電子書籍]

価格:¥752(税込)
ポイント:151ポイント(20%還元)(¥151相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
出版社:幻冬舎
公開日:2013年05月31日
すぐ読めます。
ご確認事項:電子書籍リーダーアプリ「Doly」専用コンテンツ

カテゴリランキング

  • 電子書籍
  • - 201638位

死にたくないが、生きたくもない。(幻冬舎新書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)
    人生、終盤にさしかかれば、心身にガタがくるのは自然の定め。しかし、いまや六十になっても、なかなか「老人」とは認めてもらえず、やれ「生涯現役」だ、「アンチエイジング」だと、世間は喧しい。もう一花咲かせる気力や体力はもちろんないが、残り時間は、なるべく不幸せでなく埋めていきたい―そんなささやかな願いはどうしたらかなえられるのか?自らの老いの真情を吐露しつつ問う、枯れるように死んでいくための哲学。
    目次(「BOOK」データベースより)
    序章 あと二十年も生きなくてはならない
    第1章 「生涯現役」のマヤカシ(六十歳は不変の節目
    それでも仕事はしたほうがいい ほか)
    第2章 年寄りは年寄りらしく(いい加減にしろ、全共闘オヤジ
    私が自殺をしない理由 ほか)
    第3章 老いてなおしたたかな女たち(老いにも通過儀礼を
    桐野夏生『魂萌え!』のリアリティ ほか)
    第4章 長生きなんかしたくはないが(老いてはじめて得られるもの
    五十代から老いる練習を ほか)
    著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
    小浜 逸郎(コハマ イツオ)
    1947年、横浜市生まれ。横浜国立大学工学部卒業。批評家。国士舘大学客員教授。教育、家族、ジェンダー、仕事、倫理など、現代人の生の課題を正面から問い続け、幅広い批評活動を展開。2001年より連続講座「人間学アカデミー」を主宰する

死にたくないが、生きたくもない。(幻冬舎新書) の商品スペック

書店分類コード
P040
Cコード
0295
出版社名
幻冬舎
紙の本のISBN-13
9784344980051
他の幻冬舎の電子書籍を探す
ファイルサイズ
0.7MB
著者名
小浜 逸郎
著述名
著者

    幻冬舎 死にたくないが、生きたくもない。(幻冬舎新書) [電子書籍] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!