凡人として生きるということ(幻冬舎新書) [電子書籍]
    • 凡人として生きるということ(幻冬舎新書) [電子書籍]

    • ¥794159ポイント(20%還元)
    • すぐ読めます
こちらの商品は電子書籍版です
100000086600271587

凡人として生きるということ(幻冬舎新書) [電子書籍]

押井 守(著者)
価格:¥794(税込)
ポイント:159ポイント(20%還元)(¥159相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
出版社:幻冬舎
公開日:2013年05月31日
すぐ読めます。
ご確認事項:電子書籍リーダーアプリ「Doly」専用コンテンツ

カテゴリランキング

  • 電子書籍
  • - 24199位

凡人として生きるということ(幻冬舎新書) [電子書籍] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)
    世の中は95%の凡人と5%の支配層で構成されている。が、5%のために世の中はあるわけではない。平凡な人々の日々の営みが社会であり経済なのだ。しかし、その社会には支配層が流す「若さこそ価値がある」「友情は無欲なものだ」といったさまざまな“嘘”が“常識”としてまかり通っている。嘘を見抜けるかどうかで僕たちは自由な凡人にも不自由な凡人にもなる。自由な凡人人生が最も幸福で刺激的だと知る、押井哲学の真髄。
    目次(「BOOK」データベースより)
    第1章 オヤジ論―オヤジになることは愉しい
    第2章 自由論―不自由は愉しい
    第3章 勝敗論―「勝負」は諦めたときに負けが決まる
    第4章 セックスと文明論―性欲が強い人は子育てがうまい
    第5章 コミュニケーション論―引きこもってもいいじゃないか
    第6章 オタク論―アキハバラが経済を動かす
    第7章 格差論―いい加減に生きよう
    著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
    押井 守(オシイ マモル)
    1951年東京生まれ。アニメーション・実写映画監督

凡人として生きるということ(幻冬舎新書) [電子書籍] の商品スペック

書店分類コード
P020
Cコード
0295
出版社名
幻冬舎
紙の本のISBN-13
9784344980891
他の幻冬舎の電子書籍を探す
ファイルサイズ
0.5MB
著者名
押井 守
著述名
著者

    幻冬舎 凡人として生きるということ(幻冬舎新書) [電子書籍] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!