古本が古本を呼ぶ 編集者の書棚(青弓社) [電子書籍]
    • 古本が古本を呼ぶ 編集者の書棚(青弓社) [電子書籍]

    • ¥1,760352ポイント(20%還元)
    • すぐ読めます
100000086600297154

古本が古本を呼ぶ 編集者の書棚(青弓社) [電子書籍]

価格:¥1,760(税込)
ポイント:352ポイント(20%還元)(¥352相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
出版社:青弓社
公開日: 2014年03月14日
すぐ読めます。
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:電子書籍リーダーアプリ「Doly」専用コンテンツ
こちらの商品は電子書籍版です

古本が古本を呼ぶ 編集者の書棚(青弓社) [電子書籍] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)
    一冊の古本が別の古本を呼び寄せる果てしのない連鎖…。黒子を脱いだ編集者が素顔をさらしてつづる、著者と本と出版社の世界。
    目次(「BOOK」データベースより)
    第1章 編集者、古本に出会う(古本にみる“嫌いな名前”の話
    「原稿が書けない著者」と編集者 ほか)
    第2章 出版史のなかの編集者と作家(古本が古本を呼ぶ話―昭和十年代の協和書院をめぐって
    小田岳夫『文学青春群像』をめぐって―竹村書房のことなど ほか)
    第3章 フリー編集者の日常(古本で儲けそこなった話
    編集者の習性 ほか)
    第4章 編集者、本を読む(出版業界の論点をえぐる―佐野真一『だれが「本」を殺すのか』
    聞き上手のコツを具体的に伝授―東山紘久『プロカウンセラーの聞く技術』 ほか)
    著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
    高橋 輝次(タカハシ テルツグ)
    1946年(昭和21年)、伊勢市に生まれ、神戸で育つ。大阪外国語大学英語科卒業後、協和銀行(当時)に一年間勤める。1969年、創元社に入社。編集者として臨床心理学分野を開拓する。1992年、病気のために退社。現在、フリーの編集者
  • 目次

    第1章 編集者、古本に出会う(古本にみる“嫌いな名前”の話
    「原稿が書けない著者」と編集者 ほか)
    第2章 出版史のなかの編集者と作家(古本が古本を呼ぶ話-昭和十年代の協和書院をめぐって
    小田岳夫『文学青春群像』をめぐって-竹村書房のことなど ほか)
    第3章 フリー編集者の日常(古本で儲けそこなった話
    編集者の習性 ほか)
    第4章 編集者、本を読む(出版業界の論点をえぐる-佐野真一『だれが「本」を殺すのか』
    聞き上手のコツを具体的に伝授-東山紘久『プロカウンセラーの聞く技術』 ほか)

古本が古本を呼ぶ 編集者の書棚(青弓社) [電子書籍] の商品スペック

書店分類コード F030
Cコード 0095
出版社名 青弓社
紙の本のISBN-13 9784787291578
他の青弓社の電子書籍を探す
ファイルサイズ 51.8MB
著者名 高橋 輝次
著述名 著者

    青弓社 古本が古本を呼ぶ 編集者の書棚(青弓社) [電子書籍] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!