ヴァーグナーの「ドイツ」 超政治とナショナル・アイデンティティのゆくえ(青弓社) [電子書籍]
    • ヴァーグナーの「ドイツ」 超政治とナショナル・アイデンティティのゆくえ(青弓社) [電子書籍]

    • ¥4,320864ポイント(20%還元)
    • すぐ読めます
こちらの商品は電子書籍版です
100000086600297216

ヴァーグナーの「ドイツ」 超政治とナショナル・アイデンティティのゆくえ(青弓社) [電子書籍]

価格:¥4,320(税込)
ポイント:864ポイント(20%還元)(¥864相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
出版社:青弓社
公開日:2014年03月14日
すぐ読めます。
ご確認事項:電子書籍リーダーアプリ「Doly」専用コンテンツ

ヴァーグナーの「ドイツ」 超政治とナショナル・アイデンティティのゆくえ(青弓社) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)
    音楽によって「真のドイツ」を打ち立てようとした作曲家リヒャルト・ヴァーグナー。三月革命や統一戦争で国家の輪郭が激しく揺れ動いた時代、複数の「ドイツ」がせめぎあうなか、超政治としての芸術を実践した彼の「ドイツ」はいったいどこに向かったのか。19世紀ドイツのナショナリズムを新たに問い直す音楽史。
    目次(「BOOK」データベースより)
    第1章 出発点としてのコスモポリタニズム―最初期のオペラと著作にみる「ドイツ的なもの」(一八三四‐三九年)
    第2章 パリでの挫折を経て―「フランス的なもの」に対する批判意識の芽生え(一八三九‐四二年)
    第3章 ドレスデン時代―革命期の思想にみる「ドイツ的なもの」の理念(一八四二‐四九年)
    第4章 『未来の芸術作品』と民衆の理念―チューリヒ亡命時代・1(一八四九年)
    第5章 『オペラとドラマ』にみる「ドイツ的なもの」―チューリヒ亡命時代・2(一八五〇‐五一年)
    第6章 祝祭劇場の構想とドイツへの帰国の途(一八五二‐六四年)
    第7章 「最もドイツ的な国家」としてのバイエルン―ミュンヘン時代(一八六四‐六五年)
    第8章 ドイツ統一戦争とヴァーグナー―トリープシェン時代(一八六六‐七〇年)
    第9章 新生ドイツ帝国の誕生と「ドイツ的なもの」のゆくえ―ヴァーグナーの一八七一年
    第10章 「ドイツ」はいずこに?―バイロイト時代(一八七二‐八三年)
    著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
    吉田 寛(ヨシダ ヒロシ)
    1973年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科(美学芸術学)博士課程修了。博士(文学)。同研究科助手、助教を経て、現在、立命館大学大学院先端総合学術研究科准教授(表象領域)。専攻は美学、感性学、表象文化論
  • 目次

    第1章 出発点としてのコスモポリタニズム-最初期のオペラと著作にみる「ドイツ的なもの」(一八三四‐三九年)
    第2章 パリでの挫折を経て-「フランス的なもの」に対する批判意識の芽生え(一八三九‐四二年)
    第3章 ドレスデン時代-革命期の思想にみる「ドイツ的なもの」の理念(一八四二‐四九年)
    第4章 『未来の芸術作品』と民衆の理念-チューリヒ亡命時代・1(一八四九年)
    第5章 『オペラとドラマ』にみる「ドイツ的なもの」-チューリヒ亡命時代・2(一八五〇‐五一年)
    第6章 祝祭劇場の構想とドイツへの帰国の途(一八五二‐六四年)
    第7章 「最もドイツ的な国家」としてのバイエルン-ミュンヘン時代(一八六四‐六五年)
    第8章 ドイツ統一戦争とヴァーグナー-トリープシェン時代(一八六六‐七〇年)
    第9章 新生ドイツ帝国の誕生と「ドイツ的なもの」のゆくえ-ヴァーグナーの一八七一年
    第10章 「ドイツ」はいずこに?-バイロイト時代(一八七二‐八三年)

ヴァーグナーの「ドイツ」 超政治とナショナル・アイデンティティのゆくえ(青弓社) の商品スペック

書店分類コード
T330
Cコード
0073
出版社名
青弓社
他の青弓社の電子書籍を探す
紙の本のISBN-13
9784787272737
ファイルサイズ
94.3MB
著者名
吉田 寛

    青弓社 ヴァーグナーの「ドイツ」 超政治とナショナル・アイデンティティのゆくえ(青弓社) [電子書籍] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!