戊辰転々録(中央公論新社) [電子書籍]
    • 戊辰転々録(中央公論新社) [電子書籍]

    • ¥880176ポイント(20%還元)
    • すぐ読めます
100000086600300676

戊辰転々録(中央公論新社) [電子書籍]

価格:¥880(税込)
ポイント:176ポイント(20%還元)(¥176相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
出版社:中央公論新社
公開日: 2015年01月30日
すぐ読めます。
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:電子書籍リーダーアプリ「Doly」専用コンテンツ
こちらの商品は電子書籍版です

戊辰転々録(中央公論新社) [電子書籍] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)
    津軽で暮らす道楽者の三上屋金介は、旧幕府軍と薩長勢のいくさをこの目で見ようと旅に出るが―。一人の男の流浪の顛末を描いた表題作ほか、戦国から幕末維新までを描いた全七篇の歴史短篇集。知られざる史実に光を当てた、著者ならではの滋味あふれる物語。
    内容(「BOOK」データベースより)
    虎に狩られた男;かわ姥物語;思い出かんざし;大江戸御金蔵破り;もう悪いこと仙之助;権田原与一郎遺稿「幕末烈女伝」;戊辰転々録
    著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
    中村 彰彦(ナカムラ アキヒコ)
    1949年、栃木県栃木市生まれ。東北大学文学部在学中に、「風船ガムの海」で第三十四回文學界新人賞に佳作入選。91年より執筆活動に専念。87年、『明治新選組』で第十回エンタテインメント小説大賞、93年、『五左衛門坂の敵討』で第一回中山義秀文学賞、94年、『二つの山河』で第百十一回直木賞、2005年、『落花は枝に還らずとも』で第二十四回新田次郎文学賞を受賞

戊辰転々録(中央公論新社) [電子書籍] の商品スペック

書店分類コード V560
Cコード 1193
出版社名 中央公論新社
紙の本のISBN-13 9784122060500
他の中央公論新社の電子書籍を探す
ファイルサイズ 0.5MB
著者名 中村 彰彦
著述名 著者

    中央公論新社 戊辰転々録(中央公論新社) [電子書籍] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!