不本意な婚約は冬の朝に(竹書房) [電子書籍]
    • 不本意な婚約は冬の朝に(竹書房) [電子書籍]

    • ¥1,210242ポイント(20%還元)
    • すぐ読めます
100000086600307183

不本意な婚約は冬の朝に(竹書房) [電子書籍]

価格:¥1,210(税込)
ポイント:242ポイント(20%還元)(¥242相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
出版社:竹書房
公開日: 2015年06月18日
すぐ読めます。
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:電子書籍リーダーアプリ「Doly」専用コンテンツ
こちらの商品は電子書籍版です

不本意な婚約は冬の朝に(竹書房) [電子書籍] の 商品概要

  • 遊び人として知られる、子爵家の跡取りフレディは、親友のデイヴナム男爵から留守のあいだ、妻の妹たちの面倒を見てくれと頼まれる。“妹たち”といっても本当は血のつながらない乙女たちが、男爵夫人の姪として、ふるまっているだけなのだが……。しぶしぶ引き受けたフレディだったが、気乗りしない原因は姉妹のひとりダマリスだった。彼女がいると、いつもの“軽薄な放蕩者”でいることができなくなってしまうのだ。ある朝、フレディはダマリスが貧民街へ入るところを見かける。彼女は自分の夢をかなえるため、内緒で磁器の絵付けの仕事をしているのだという。自分でもよくわからない気持ちに駆られ、フレディは毎朝送り迎えをすることに。早起きなどしたことがなかったのに、その日から朝靄(あさもや)の中をダマリスと歩くのが、なぜか楽しみとなったのだった。そんな時、結婚しない息子に業を煮やした両親が花嫁探しのパーティを開くと知ったフレディは、結婚願望はないというダマリスに、婚約者の<ふり>をしてくれと頼むのだが……。結婚をあきらめたダマリスと、放蕩者を演じ結婚から逃れようとするフレディ。偽りの婚約者となったふたりの秘密のゆくえは――? 大好評<チャンス姉妹>シリーズ!

不本意な婚約は冬の朝に(竹書房) [電子書籍] の商品スペック

シリーズ名 不本意な婚約は冬の朝に
発行年月日 2014/11/21
書店分類コード W012
Cコード 0197
出版社名 竹書房
他の竹書房の電子書籍を探す
紙の本のISBN-13 9784812488836
ファイルサイズ 1.8MB
著者名 アン・グレイシー
細田利江子
著述名
翻訳

    竹書房 不本意な婚約は冬の朝に(竹書房) [電子書籍] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!