シオニズムとアラブ ジャボティンスキーとイスラエル右派 一八八〇~二〇〇五年(講談社) [電子書籍]
    • シオニズムとアラブ ジャボティンスキーとイスラエル右派 一八八〇~二〇〇五年(講談社) [電子書籍]

    • ¥1,566314ポイント(20%還元)
    • すぐ読めます
こちらの商品は電子書籍版です
100000086600322693

シオニズムとアラブ ジャボティンスキーとイスラエル右派 一八八〇~二〇〇五年(講談社) [電子書籍]

価格:¥1,566(税込)
ポイント:314ポイント(20%還元)(¥314相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
出版社:講談社
公開日:2015年07月24日
すぐ読めます。
ご確認事項:電子書籍リーダーアプリ「Doly」専用コンテンツ

シオニズムとアラブ ジャボティンスキーとイスラエル右派 一八八〇~二〇〇五年(講談社) の 商品概要

  • 「(アラブ人との)合意につながる唯一の道は『鉄の壁を建てる』ことであり、それはイスラエルの地ではいかなる状況下でもアラブ人の圧力に屈しない力がなければならないことを意味する」(1923年の論文「鉄の壁」より) 2002年に着工、今なお未完成のヨルダン川西岸の分離壁。その理論的基盤となる思想を唱えたのが、リクードのイデオロギー、修正主義シオニズムの鼻祖ジャボティンスキーである。紆余曲折を経て先鋭化されていった彼の民族論は、イスラエルの対アラブ強硬論を読み解く重要な鍵となる。民族と国家との関係はどうあるべきか? この紛争に未来はあるのか? 混迷の続くパレスチナ問題の核心と本質に迫る意欲作。(講談社選書メチエ)
  • 目次

    凡例
    序論
    第1章 多民族国家における模索(一八八〇~一九一七年)──修正主義シオニズムの濫觴──
    第2章 民族国家と「鉄の壁」(一九一七~一九四〇年)──ジャボティンスキーと修正主義運動の世界観──
    第3章 ジャボティンスキーからメナヘム・ベギンへ(一九三〇年代~一九八一年)──修正主義運動の転換と継承──
    第4章 甦る「鉄の壁」(一九八二~二〇〇五年)──ジャボティンスキーの遺産と現代イスラエル政治──
    結論
    あとがき

    用語解説

シオニズムとアラブ ジャボティンスキーとイスラエル右派 一八八〇~二〇〇五年(講談社) の商品スペック

書店分類コード
Q300
Cコード
0322
出版社名
講談社
紙の本のISBN-13
9784062584180
他の講談社の電子書籍を探す
ファイルサイズ
19.9MB
著者名
森 まり子
著述名
著者

    講談社 シオニズムとアラブ ジャボティンスキーとイスラエル右派 一八八〇~二〇〇五年(講談社) [電子書籍] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!