真田昌幸 家康と秀忠を翻弄した稀代の名将(PHP研究所) [電子書籍]
    • 真田昌幸 家康と秀忠を翻弄した稀代の名将(PHP研究所) [電子書籍]

    • ¥660132ポイント(20%還元)
    • すぐ読めます
こちらの商品は電子書籍版です
100000086600390214

真田昌幸 家康と秀忠を翻弄した稀代の名将(PHP研究所) [電子書籍]

価格:¥660(税込)
ポイント:132ポイント(20%還元)(¥132相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
出版社:PHP研究所
公開日:2016年02月19日
すぐ読めます。
ご確認事項:電子書籍リーダーアプリ「Doly」専用コンテンツ

真田昌幸 家康と秀忠を翻弄した稀代の名将(PHP研究所) の 商品概要

  • 甲斐の武田信玄をして「わが両眼の如し」と言わしめ、次代の勝頼に側近として仕えた真田昌幸――。少年時代を人質として過ごした昌幸は、「真田一族は誰からも自由でなければならぬ」と強く願うようになる。主家滅亡後は、旧武田領を狙う「上杉・北条・徳川」三つ巴の強国を手玉にとって、独立独歩の道を歩んでいく。そして上田の土地を死守し、小豪族から念願の大名へと飛躍を遂げるのだった。そんな昌幸の「小が大を打ち負かす」痛快ぶりは、天下人の秀吉から「表裏比興の者」(不埒者)、家康から「稀代の横着者」と非難されたが、それは真田一族の生き残りをかけて、昌幸が大々名の身勝手さに対抗したものである。家康の天下取りとなる関ヶ原合戦では、決戦場へと向かう秀忠軍3万8千を相手に引けを取らず、信州上田の地に翻弄して、その武名を天下に轟かせた。「神算鬼謀」「機略縦横」をもって生涯、強敵に挑み続けた戦国屈指の智将を描いた力作!

真田昌幸 家康と秀忠を翻弄した稀代の名将(PHP研究所) の商品スペック

発行年月日
2008/11/04
書店分類コード
V560
Cコード
0193
出版社名
PHP研究所
他のPHP研究所の電子書籍を探す
紙の本のISBN-13
9784569670881
ファイルサイズ
2.9MB
著者名
二階堂 玲太
著述名

    PHP研究所 真田昌幸 家康と秀忠を翻弄した稀代の名将(PHP研究所) [電子書籍] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!