ラジカセforフューチャー(誠文堂新光社) [電子書籍]
    • ラジカセforフューチャー(誠文堂新光社) [電子書籍]

    • ¥2,530506ポイント(20%還元)
    • すぐ読めます
100000086600486830

ラジカセforフューチャー(誠文堂新光社) [電子書籍]

松崎 順一(著者)熊谷 朋哉(著者)
価格:¥2,530(税込)
ポイント:506ポイント(20%還元)(¥506相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
出版社:誠文堂新光社
公開日: 2016年12月10日
すぐ読めます。
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:電子書籍リーダーアプリ「Doly」専用コンテンツ
こちらの商品は電子書籍版です

ラジカセforフューチャー(誠文堂新光社) [電子書籍] の 商品概要

  • 世界的に、ラジカセとカセットテープへの熱い視線が集まっている。
    ラジカセの中古市場価格は高騰し、レコードショップではアナログに続いてカセット売り場が新設され、また、世界各地にカセットテープ専門店が新たに出現。
    人気ミュージシャンたちもこれまでのCDやダウンロードに加え、カセットでのアルバムリリースを行い始めた。

    デジタル全盛の中、ラジカセやカセットテープというアナログなカルチャー/テクノロジーへの注目はなにを意味しているのか?
    このブームの日本における仕掛け人のひとり、松崎順一(家電蒐集家)を中心に、2016年、最も新しいものとしてのカセット/ラジカセの現在と未来とを明らかにする。
  • 目次

    アナログ・ルネサンス
    いま、なぜラジカセとカセットか?
    対談・宇川直宏×松崎順一―声なき声を受信するラジカセ+カセットのエクトプラズム
    ラジカセあるいはBoombox、もしくはゲットー・ブラスターとその復権
    デジタルのゲットーを破壊せよ―中西俊夫の語るラジカセとその未来
    "チーズボイガー!"パンクとヒップホップが出会った時
    ヒップホップ小史―ラジカセが鳴らしたヒップホップ
    カスタム・ブームボックス・ムーヴメント
    ラジカセのグラフィズム
    あの頃のソニー、そしてラジカセー音響機器の未来に向けて
    ほか

ラジカセforフューチャー(誠文堂新光社) [電子書籍] の商品スペック

書店分類コード D560
Cコード 0076
出版社名 誠文堂新光社
紙の本のISBN-13 9784416716137
他の誠文堂新光社の電子書籍を探す
ファイルサイズ 98.3MB
著者名 松崎 順一
熊谷 朋哉
著述名 著者

    誠文堂新光社 ラジカセforフューチャー(誠文堂新光社) [電子書籍] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!