池波正太郎を"江戸地図"で歩く(誠文堂新光社) [電子書籍]
    • 池波正太郎を"江戸地図"で歩く(誠文堂新光社) [電子書籍]

    • ¥1,650330ポイント(20%還元)
    • すぐ読めます
100000086600497526

池波正太郎を"江戸地図"で歩く(誠文堂新光社) [電子書籍]

壬生 篤(著者)
価格:¥1,650(税込)
ポイント:330ポイント(20%還元)(¥330相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
出版社:誠文堂新光社
公開日: 2017年01月13日
すぐ読めます。
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:電子書籍リーダーアプリ「Doly」専用コンテンツ

カテゴリランキング

こちらの商品は電子書籍版です

池波正太郎を"江戸地図"で歩く(誠文堂新光社) の 商品概要

  • 平成27年に没後25年を迎えた作家・池波正太郎。
    彼は、東京の下町(浅草)に生まれ、そこで体験した幼少期以来の記憶や、
    その後、江戸の古地図(切絵図)などを持って東京の町を散策した中から、
    その独自の時代小説の世界を生み出していった。

    本書では、そんな池波時代小説の世界を、彼がこだわった江戸切絵図と、
    その対照現代地図(合わせて計36図以上)なども駆使して、
    今昔にわたってビジュアルに解説し、これまでにない読み解き方、
    エピソードなどを、より興味深く紹介していく。
  • 目次

    第1章 池波正太郎にとっての新宿
    第2章 描かなかった赤坂、描いた四谷
    第3章 池波正太郎が歩いた麻布―六本木から広尾界隈
    第4章 池波時代小説のディープエリア―三田・白金・五反田
    第5章 川と田園の渋谷・原宿―池波正太郎が見た、その“原風景”
    第6章 江戸が残る町、外神田・湯島
    第7章 鶯谷から根岸界隈―池波正太郎にとっての定番の舞台
    第8章 “裏社会”と青春が渦巻く本所・両国
    第9章 川の風光と伝説の浅草橋場界隈
    第10章 元浅草・稲荷町界隈―新寺町通りの今昔

池波正太郎を"江戸地図"で歩く(誠文堂新光社) の商品スペック

書店分類コード C030
Cコード 0025
出版社名 誠文堂新光社
紙の本のISBN-13 9784416516966
他の誠文堂新光社の電子書籍を探す
ファイルサイズ 295.3MB
著者名 壬生 篤
著述名 著者

    誠文堂新光社 池波正太郎を"江戸地図"で歩く(誠文堂新光社) [電子書籍] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!