免疫はがんに何をしているのか? ~見えてきた免疫のメカニズム~ (技術評論社) [電子書籍]
    • 免疫はがんに何をしているのか? ~見えてきた免疫のメカニズム~ (技術評論社) [電子書籍]

    • ¥1,848370ポイント(20%還元)
    • すぐ読めます
こちらの商品は電子書籍版です
100000086600505016

免疫はがんに何をしているのか? ~見えてきた免疫のメカニズム~ (技術評論社) [電子書籍]

価格:¥1,848(税込)
ポイント:370ポイント(20%還元)(¥370相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
出版社:技術評論社
公開日:2017年02月16日
すぐ読めます。
ご確認事項:電子書籍リーダーアプリ「Doly」専用コンテンツ

免疫はがんに何をしているのか? ~見えてきた免疫のメカニズム~ (技術評論社) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)
    免疫を使ってがんを治療すると、末期のがんに対しても効くことが多い。そのため、免疫は治療の現場ですでに利用されている。しかし、なぜ免疫ががんの治療に有効なのかはよくわかっていない。免疫機能が自己の分子でつくられているがん細胞を攻撃できるのかという問題は、医学の学会などでもほとんど議論されることがないのだ。本書では、この難問にずばっと切り込む。免疫はがんに何をしているのだろう?
    目次(「BOOK」データベースより)
    がんとは?
    がんは遺伝子の病気
    がん化はどのようにおこるのか
    なぜ免疫の利用が求められるのか
    がんの治療に免疫を利用する
    免疫とはどのようなものか
    免疫における応答
    免疫に役立つT細胞をつくり出す
    がん抗原に反応するT細胞の由来を探る
    T細胞を利用するがんの治療
    課題と展望
    著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
    桂 義元(カツラ ヨシモト)
    1963年京都大学理学部物理学科卒業。卒業後は生物学に転じ、大学院では放射線生物学教室にて免疫学の研究を始める。1967年京都大学結核胸部疾患研究所助手。1977年同研究所教授。1997年改組により京都大学再生医科学研究所教授。この間、ヘルパー系T細胞の機能的多様性に関する研究、さらに胸腺におけるT細胞分化の研究を行ってきた。T前駆細胞の存在、造血における分化系列決定の過程を明らかにした。1991年にはKTCC(Kyoto T Cell Conference)を設立し、T細胞研究の国内、国際交流を推進してきた。2002年に定年退官。日本大学医学部客員教授、東京医科歯科大学客員教授を経て、現在は株式会社クローバー会長、サイアス株式会社会長として、免疫、がんに関連する研究のサポートを行っている

免疫はがんに何をしているのか? ~見えてきた免疫のメカニズム~ (技術評論社) の商品スペック

書店分類コード
N210
Cコード
3047
出版社名
技術評論社
他の技術評論社の電子書籍を探す
紙の本のISBN-13
9784774185750
ファイルサイズ
224.3MB
著者名
桂 義元

    技術評論社 免疫はがんに何をしているのか? ~見えてきた免疫のメカニズム~ (技術評論社) [電子書籍] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!