ニッポンの経済学部 「名物教授」と「サラリーマン予備軍」の実力(中央公論新社) [電子書籍]
    • ニッポンの経済学部 「名物教授」と「サラリーマン予備軍」の実力(中央公論新社) [電子書籍]

    • ¥726146ポイント(20%還元)
    • すぐ読めます
こちらの商品は電子書籍版です
100000086600692438

ニッポンの経済学部 「名物教授」と「サラリーマン予備軍」の実力(中央公論新社) [電子書籍]

価格:¥726(税込)
ポイント:146ポイント(20%還元)(¥146相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
出版社:中央公論新社
公開日:2018年04月01日
すぐ読めます。
ご確認事項:電子書籍リーダーアプリ「Doly」専用コンテンツ

ニッポンの経済学部 「名物教授」と「サラリーマン予備軍」の実力(中央公論新社) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)
    「京大を蹴って阪大!?」「一橋商vs経」「早vs慶」「Ph.D.の値打ち」「なぜノーベル賞受賞者数ゼロか?」「底辺大は“実務偏差値”を上げよ」等々のトピックから、政策論議にも影響を及ぼす諸学風を歴史的に整理し、経済学の本質に迫る。教育・研究・人材力の観点で、各校の実力を徹底検証。
    目次(「BOOK」データベースより)
    経済学部は、他学部と何が違うか?
    経済学部盛衰史(マル経と近経
    阪大が「近経のメッカ」になれた秘密
    一橋・神戸など旧高商の底力)
    アメリカンPh.D.の値打ち
    経済学者という種族
    ライバル比較―研究力と人材輩出力
    底辺大学とトップ大学
    ビジネススクールの可能性
    著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
    橘木 俊詔(タチバナキ トシアキ)
    京都大学名誉教授。京都女子大学客員教授。1943年兵庫県生まれ。1967年、小樽商科大学商学部卒業。1969年、大阪大学大学院修士課程修了。1973年ジョンズ・ホプキンス大学大学院博士課程修了(Ph.D.)。フランス、アメリカ、イギリス、ドイツでの研究職・教育職を経て京都大学教授。同志社大学教授を歴任。専門は労働経済学。早くから日本の格差社会の実態を経済学の観点から指摘してきた

ニッポンの経済学部 「名物教授」と「サラリーマン予備軍」の実力(中央公論新社) の商品スペック

書店分類コード
I100
Cコード
1237
出版社名
中央公論新社
紙の本のISBN-13
9784121505019
他の中央公論新社の電子書籍を探す
ファイルサイズ
5.8MB
著者名
橘木 俊詔
著述名
著者

    中央公論新社 ニッポンの経済学部 「名物教授」と「サラリーマン予備軍」の実力(中央公論新社) [電子書籍] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!