興亡の世界史 東南アジア 多文明世界の発見(講談社) [電子書籍]
    • 興亡の世界史 東南アジア 多文明世界の発見(講談社) [電子書籍]

    • ¥1,320264ポイント(20%還元)
    • すぐ読めます
こちらの商品は電子書籍版です
100000086600705983

興亡の世界史 東南アジア 多文明世界の発見(講談社) [電子書籍]

価格:¥1,320(税込)
ポイント:264ポイント(20%還元)(¥264相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
出版社:講談社
公開日:2018年08月10日
すぐ読めます。
ご確認事項:電子書籍リーダーアプリ「Doly」専用コンテンツ

カテゴリランキング

  • 電子書籍
  • - 79801位

興亡の世界史 東南アジア 多文明世界の発見(講談社) の 商品概要

  • インドと中国にはさまれて仏教とヒンドゥー教の影響を受けながら多彩な歴史を歩んできた東南アジア。なかでも一二世紀に最盛期を迎えたアンコール王朝は、巨大遺跡と仏教美術で多くの世界遺産を誇る。本書はアンコール研究に半生を捧げてマグサイサイ賞を受けた著者がアンコール王朝600年の盛衰と人々の日常生活を再現し、多彩な東南アジア諸王朝の興亡を明らかにする。東南アジア諸国の歴史と現状を理解するための必読書。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。
  • 目次

    「東南アジア」を再発見する
    東南アジア史の形成と展開
    アンコール王朝発見史物語
    アンコール王朝の宇宙観と都市計画
    碑文史料が綴る王朝の政治と社会
    アンコール時代の「罪と罰」
    経済活動と生活
    アンコール時代の精神価値体系
    アンコール美術とその思想
    東南アジア史から見たアンコール王朝史
    キリスト教ヨーロッパとの出会い
    祇園精舎としてのアンコール・ワット
    東南アジアからのメッセージ
    学術文庫版のあとがき
    年表
    主要人物一覧

興亡の世界史 東南アジア 多文明世界の発見(講談社) の商品スペック

シリーズ名
興亡の世界史
書店分類コード
Q300
Cコード
0122
出版社名
講談社
他の講談社の電子書籍を探す
紙の本のISBN-13
9784065126707
ファイルサイズ
54.9MB
著者名
石澤 良昭
著述名
著者

    講談社 興亡の世界史 東南アジア 多文明世界の発見(講談社) [電子書籍] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!