京都学派と日本海軍 新史料「大島メモ」をめぐって(PHP研究所) [電子書籍]
    • 京都学派と日本海軍 新史料「大島メモ」をめぐって(PHP研究所) [電子書籍]

    • ¥850170ポイント(20%還元)
    • すぐ読めます
100000086600738185

京都学派と日本海軍 新史料「大島メモ」をめぐって(PHP研究所) [電子書籍]

価格:¥850(税込)
ポイント:170ポイント(20%還元)(¥170相当)
出版社:PHP研究所
公開日: 2018年10月26日
すぐ読めます。
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:電子書籍リーダーアプリ「Doly」専用コンテンツ
こちらの商品は電子書籍版です

京都学派と日本海軍 新史料「大島メモ」をめぐって(PHP研究所) の 商品概要

  • 「京都学派」の「戦争協力」については、戦後から今に至るまで、さまざまな批判がなされてきた。平成12年、戦争中、京都学派が開いていた秘密会合の詳細な記録「大島メモ」が60年ぶりに発見された。それによると彼らは昭和17年2月から20年7月まで、海軍の一部の要請と協力を受け、月に1・2回、時局を論ずる会合を重ねていた。常連は高山岩男、高坂正顕、西谷啓治、木村素衞、鈴木成高、宮崎一定、日高第四郎。田辺元や海軍調査課の高木惣吉大佐も時折出席。ゲストには湯川秀樹や柳田謙十郎、谷川哲三や大熊信行等。秘密裡に開かれたのは海軍と連携しつつ陸軍の戦争方針を是正しようとする体制内反体制というべき会合だったため。会合の記録は京大の副手だった大島康正が担当し、海軍省へ送っていた。戦後、東京裁判の視点により抹殺された京都学派の「思想」と「行動」の真の姿が60年余りを経て発見された一次史料により、初めて明らかにされる!

京都学派と日本海軍 新史料「大島メモ」をめぐって(PHP研究所) の商品スペック

発行年月日 2001/12/14
出版社名 PHP研究所
本文検索
紙の本のISBN-13 9784569619446
他のPHP研究所の電子書籍を探す
ファイルサイズ 4.8MB
著者名 大橋 良介
著述名

    PHP研究所 京都学派と日本海軍 新史料「大島メモ」をめぐって(PHP研究所) [電子書籍] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!