エルネオス (ELNEOS) 2018年11月号(エルネオス出版社) [電子書籍]
    • エルネオス (ELNEOS) 2018年11月号(エルネオス出版社) [電子書籍]

    • ¥853197ポイント(23%還元)
    • すぐ読めます
こちらの商品は電子書籍版です
100000086600742472

エルネオス (ELNEOS) 2018年11月号(エルネオス出版社) [電子書籍]

価格:¥853(税込)
ポイント:197ポイント(23%還元)(¥197相当)
出版社:エルネオス出版社
公開日:2018年11月01日
すぐ読めます。
ご確認事項:電子書籍リーダーアプリ「Doly」専用コンテンツ

エルネオス (ELNEOS) 2018年11月号(エルネオス出版社) の 商品概要

  • [感度を磨くビジネス情報]
    ■巻頭リポート
    頼みの景気、外交、右バネの失速で
    安倍首相の「終わり」の「始まり」

    ■米中貿易摩擦(1)――八牧浩行(ジャーナリスト)
    米中貿易摩擦は米国とアジアの貿易摩擦
    次世代デジタル・IT技術で日中協力を

    ■米中貿易摩擦(2)――国分進太郎(経済ジャーナリスト)
    対中貿易赤字減らしで自己矛盾
    トランプ政権は米企業を敵にする?

    ■自動車業界
    ライドシェアで先行するSBに
    秋波を送ったトヨタ社長の決断
    ■金融行政
    ゆうちょ銀の預入限度額問題で
    金融庁が日本郵政の監督強化

    ■臓器移植――木村良一(ジャーナリスト・作家)
    臓器移植は社会性の強い医療
    病腎移植はその観点で考えるべきだ

    ■国内生産へ回帰
    資生堂が36年ぶり工場建設、海外評価高で化粧品大手の活況

    ■本格化する衛星測位
    測位衛星「みちびき」運用開始、農業・交通・物流等で活用図る

    ■変革の時代
    勢いを見せる米国AI最前線、シリコンバレーを行く

    ■ECビジネス
    新規上場相次ぐEC企業だがその陰で退場する企業も続出

    ■就職活動再考
    経団連の就活指針廃止を機に“適材適職”に向けた仕組みへ

    ■〈シリーズ〉「稼げる林業」を目指して(3)――赤堀楠雄(林材ライター)
    新たな森林管理システム導入――森林経営の集積で木材生産活発化へ

    ■〈シリーズ〉メディア激動時代(116)──神余心
    「新潮45」休刊で顕在化した危機、自壊の道を歩む雑誌ジャーナリズム

    ■〈シリーズ・世界は今〉(43)東ティモール──宮崎正弘(国際エコノミスト)
    JICAの支援でインフラ整備中だが隙間を縫い中国が大々的に資本投下

    ■佐藤優の情報照射「一片一条」第145回
    インテリジェンスの視点から見たサウジ人記者の殺害と大使館盗聴

    ■キーパースン──パロマ/中島真也次期社長
    創業家以外の社長が初登場。開発畑出身の経営手腕に期待

    [連載企画]
    ■硬派経済ジャーナリスト磯山友幸の「生きてる経済解読」(91)
    台風や地震の影響で一時的なものか?
    訪日外国人が前年同月比で5年8カ月ぶりに減少

    ■早川和宏のベンチャー発掘231──東京都港区/オーシャンスパイラル株式会社[前編]
    海の中での生活を楽しむ海中バルーンをビジネス展開へ

    ■元木昌彦のメディアを考える旅250──中野信子氏(脳科学者・東日本国際大学特任教授)
    不倫糾弾は集団秘密警察化の現出、風通しのいい適度な個人主義が良い

    [世界を俯瞰する情報群]
    ■国際トピックス
    ◇米国企業/小売り大手シアーズが破産申請、実店舗の展開事業はどこも苦境
    ◇中国/中国権力闘争の闇が垣間見える孟宏偉インターポール総裁失脚
    ◇欧州企業/独アウディが罰金一千億円支払い、幹部逮捕もVWグループに打撃

    ■来日ビジネスマンの主張229──オレナ・シュナイデルマン氏(スイス、サーマル・ホテルズ営業部長)
    中国とは相互に観光客が増加、日本人観光客誘致は優先目標


    [連載コラム]
    ■巻頭言「池 東旭の賢者に備えあり」
    韓国の粛清旋風、旧悪去って新悪現る

    ■時代をつかむニュースコラム
    「情報スクランブル」
    ・野党間の対立を見透かした安倍政権に「改憲への秘策」
    ・小泉進次郎議員が講演で多様な価値観重視を披露
    ・「改良費用1兆円」が露見、辺野古新基地は軟弱地盤
    ・総裁選で善戦しても不協和音絶えない石破派
    ・役者不足の公明党は早くも山口代表7選の声
    ・主力銀3行が東芝の債務者区分引き上げ
    ・キヤノン、ニコン参戦でミラーレス市場が過熱化
    ・日本国民の年金はGAFA次第で浮き沈み
    ・若者の旅離れに星野リゾートが起死回生策
    ・金融庁が懸念する国内金融システム不安
    ・中国製スパイ機器問題がSBの5G戦略に飛び火
    ・日薬連盟でパワハラ騒動、会費納付拒否の動きも
    ・インサイダー疑惑の裏に薬物や女性タレントの影
    ・安倍政権の改憲に影響? 神社本庁内紛の行方
    ・日本専門医機構への補助金の一部が行方不明
    ・ようやくNHKが受信料値下げを表明
    ・期待される医療IT化「AIホスピタル構想」
    ・EUが北太平洋でのサバ漁に参入の意向
    ・米国で支持を集める共和党の新戦力たち
    ・苦境のプーチン大統領が目論むベラルーシ併合
    ・ASEANを巻き込むマレーシア第3の国民車
    ・ICPO前総裁が握った? 習主席の財産情報
    ・アジア各国で親中派政権が敗れる理由

    ■ニュース鑑定人(253)──樹 静馬
    消費税10%不況が始まる/ほか

    ■ほまれもなくそしりもなく(77)──田部康喜
    情報分析の重層性(1)

    ■内海善雄のやぶ睨み「ネット社会」論(105)
    進められている「働き方改革」は
    方向感覚を見失ってはいないか?

    ■金田一秀穂の伝える言葉─伝わる言葉(172)
    なんだか息苦しい時代の空気を換気できたら…

    [連載コラム]
    ■アメリカ流・日本流(210)──後藤英彦(米国在住ジャーナリスト)
    幸せとは隣人を愛し繋がること?

    ■ドイツから遠眼鏡(100)──川口マーン惠美(作家)
    出雲大社の「和」で思うキリスト教とイスラム

    ■新世相斬り・橋本テツヤの一針見血(172)
    謝罪会見の不遜な態度/消費税増税の波紋


    [好評連載]
    ■取材記者vs.広報マン(204)──大手町九郎(204)
    セクハラ店長の動画

    ■やまとうた(101)──山内丈(冷泉家門人)
    【紅葉香】露はらふ もののふ駆けて 疾く風に 錦散り舞ふ 秋の駒かげ

    ■もっともっと映画を!(198)──古閑万希子
    「ギャングース」「エリック・クラプトン〜12小節の人生〜」

    ■私の読書スタイル(253)──新村勝弘氏(株式会社 アズマックス代表取締役/プロデューサー)
    出会いで深まった作品選びを楽しむ

エルネオス (ELNEOS) 2018年11月号(エルネオス出版社) の商品スペック

出版社名
エルネオス出版社
他のエルネオス出版社の電子書籍を探す
ファイルサイズ
77.3MB

    エルネオス出版社 エルネオス (ELNEOS) 2018年11月号(エルネオス出版社) [電子書籍] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!