(増補改訂)関数プログラミング実践入門 ──簡潔で、正しいコードを書くために(技術評論社) [電子書籍]
    • (増補改訂)関数プログラミング実践入門 ──簡潔で、正しいコードを書くために(技術評論社) [電子書籍]

    • ¥3,278656ポイント(20%還元)
    • すぐ読めます
100000086600742952

(増補改訂)関数プログラミング実践入門 ──簡潔で、正しいコードを書くために(技術評論社) [電子書籍]

価格:¥3,278(税込)
ポイント:656ポイント(20%還元)(¥656相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
出版社:技術評論社
公開日: 2018年11月14日
すぐ読めます。
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:電子書籍リーダーアプリ「Doly」専用コンテンツ
こちらの商品は電子書籍版です

(増補改訂)関数プログラミング実践入門 ──簡潔で、正しいコードを書くために(技術評論社) の 商品概要

  • 現場の方々に向け,関数プログラミングのエッセンスを厳選解説した入門書。関数型言語Haskellを用い,基本から,Java 8/C/C++/Python/JavaScript/Rubyをはじめ各種命令型言語との比較,オススメの開発/設計テクニック等を平易に解説。改訂版ではGlasgow Haskell Compiler 8ならびに新機構のStackage/stackへの全面対応,関数型言語由来の他言語の機能解説章(第8章)の新設(Swift/Go/Rust/C#等の例も紹介)をはじめ実践開発に役立つ解説を増強し,関数型言語でも命令型言語でも活かせる「使える基本」を凝縮しました。
  • 目次

    第0章 [入門]関数プログラミング ——「関数」の世界
    第0章は導入です。関数プログラミングと,その実現のための関数型言語とはそれぞれ一体どういうものなのかを説明します。合わせて,関数プログラミング界隈の人とコミュニケーションが取れる程度の,基本的な概念や特徴,用語,歴史などを紹介します。いろいろな関数型言語やそれらで書かれたプロダクトの紹介なども含まれます。

    第1章 [比較で見えてくる]関数プログラミング ——C/C++,Java,JavaScript,Ruby,Python,そしてHaskell
    第1章では,同一の問題設定の元でメジャーな言語のいずれかとHaskellを比較することで,Haskell(あるいは同様の関数型言語)の持つ機能がプログラミングに与える効果を俯瞰します。この時点ではHaskellの文法を説明していませんが,比較対照が存在しHaskellコードの解説も適宜盛り込んでいるため,エッセンスを読み取るのには支障がないような解説となっています。本当にはじめてHaskellに触れる方は,一度第1章をスキップし,第2章から第5章を読んでから戻ってきても良いでしょう。

    第2章 型と値 ——「型」は,すべての基本である
    第3章 関数 ——関数適用,関数合成,関数定義,再帰関数,高階関数
    第4章 評価戦略 ——遅延評価と積極評価
    第5章 モナド ——文脈を持つ計算を扱うための仕掛け
    第2章から第5章までは,Haskellをはじめ多くの関数型言語の安全性に多大な貢献を

    果たす「型」,Haskellのコードを読み書きするための基本的な文法や,Haskellと他の言語で実際に計算が進んでいくしくみの違い,特徴的で他の命令型言語で取り入れられ始めた機能であるモナドなどについて詳解します。

    第6章 オススメの開発/設計テクニック ——「関数型/Haskellっぽい」プログラムの設計/実装,考え方
    第6章では,Haskellでのオススメの設計法を,その思考過程がわかるようにステップバイステップ(step by step)で説明していきます。何がHaskellらしいコードであり,どう考えればそのようなコードを書けるのか,その手段の一つを把握できるでしょう。もし,(想定読者ではありませんが)あなたに関数型言語の経験があるのであれば,第5章までをスキップし第6章から読み始めるのは良い選択です。

    第7章 Haskellによるプロダクト開発への道 ——パッケージとの付き合い方
    第7章は,実際にHaskellを使ってプロダクトを作るにあたり,どうコードベースやライブラリを管理していけば良いかを扱います。あなたのプログラムをオープンソースとして公開したり,業務でHaskellを使ったりする場合の参考となるでしょう。

    第8章 各言語に見られる関数プログラミングの影響 ——Ruby,Python,Java,JavaScript,Go,Swift,Rust,C#,C++
    第8章は,既存の,あるいは比較的新しい言語において,関数プログラミングに特徴的な各要素/機能がどのように取り込まれているかを見ていきます。それぞれの言語で関数プログラミングを行う上での助けとなり,また,その言語そのものに対する理解を深めるきっかけとなるでしょう。

(増補改訂)関数プログラミング実践入門 ──簡潔で、正しいコードを書くために(技術評論社) の商品スペック

シリーズ名 WEB+DB PRESS plus
書店分類コード K800
Cコード 3055
出版社名 技術評論社
他の技術評論社の電子書籍を探す
紙の本のISBN-13 9784774183909
ファイルサイズ 12.0MB
著者名 大川徳之
著述名

    技術評論社 (増補改訂)関数プログラミング実践入門 ──簡潔で、正しいコードを書くために(技術評論社) [電子書籍] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!