CASE革命 2030年の自動車産業(日本経済新聞出版社) [電子書籍]
    • CASE革命 2030年の自動車産業(日本経済新聞出版社) [電子書籍]

    • ¥1,836368ポイント(20%還元)
    • すぐ読めます
こちらの商品は電子書籍版です
100000086600763481

CASE革命 2030年の自動車産業(日本経済新聞出版社) [電子書籍]

価格:¥1,836(税込)
ポイント:368ポイント(20%還元)(¥368相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
出版社:日本経済新聞出版社
公開日:2018年11月20日
すぐ読めます。
ご確認事項:電子書籍リーダーアプリ「Doly」専用コンテンツ

カテゴリランキング

  • 電子書籍
  • - 30315位

CASE革命 2030年の自動車産業(日本経済新聞出版社) の 商品概要

  • ・Connected=ネットワークに常時接続したつながるクルマ
    ・Automomous=自動運転
    ・Shared & Service=シェアリング&サービス
    ・Electric=電動化
    4つのキーワードが、クルマの価値を根本から変えようとしている。


    ■長く世界の製造業を牽引してきた自動車産業は、100年ぶりとも言える大きな岐路に立っている。「CASE」への対応が、自動車メーカーとそれに連なる部品サプライヤー、サービス企業の命運を握るとされ、各社は必死の対応に追われている。業界の外からは巨大IT企業が、そして世界最大の自動車市場を有する中国が、市場攻略をうかがっている。

    ■人工知能(AI)による自動運転などのニュースが毎日のように飛び交い、電動化したクルマが一般道を縦横に走る社会がすぐにでも到来するかのような夢をふりまく論者もいる。しかし、遠いと思われていた「未来社会」は、すぐそこまで来ているのだろうか。それは、どのようなプロセスで実現するのか。

    ■マイカーの完全自動運転を実現するには、技術的・社会的に高いハードルが待ち受けている。電気自動車(EV)に搭載する電池のコストは容易には下がらない。各種インフラの整備には相当の時間を要する。多くの困難を承知でEVに前のめりとなる欧州や中国の戦略の背後には何があるのか――。

    ■日本を代表する自動車アナリストが、グローバルな視点から、2030年を見据えたクルマと自動車産業のリアルな将来像と日本企業勝ち残りのためのソリューションを提示する。

CASE革命 2030年の自動車産業(日本経済新聞出版社) の商品スペック

Cコード
0034
出版社名
日本経済新聞出版社
紙の本のISBN-13
9784532322519
他の日本経済新聞出版社の電子書籍を探す
ファイルサイズ
43.2MB
著者名
中西 孝樹
著述名
著者

    日本経済新聞出版社 CASE革命 2030年の自動車産業(日本経済新聞出版社) [電子書籍] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!