ファンタジーランド(上)―狂気と幻想のアメリカ500年史(東洋経済新報社) [電子書籍]
    • ファンタジーランド(上)―狂気と幻想のアメリカ500年史(東洋経済新報社) [電子書籍]

    • ¥2,160497ポイント(23%還元)
    • すぐ読めます
こちらの商品は電子書籍版です
100000086600791842

ファンタジーランド(上)―狂気と幻想のアメリカ500年史(東洋経済新報社) [電子書籍]

価格:¥2,160(税込)
ポイント:497ポイント(23%還元)(¥497相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
出版社:東洋経済新報社
公開日:2019年01月18日
すぐ読めます。
ご確認事項:電子書籍リーダーアプリ「Doly」専用コンテンツ

カテゴリランキング

  • 電子書籍
  • - 3077位

ファンタジーランド(上)―狂気と幻想のアメリカ500年史(東洋経済新報社) の 商品概要

  • 目次
    第1章「ファンタジーランド」と化しつつあるアメリカ

    第1部 アメリカという魔術【1517~1789年】
    第2章 私は信じる、ゆえに私は正しい―プロテスタント
    第3章 最初の移住者―一獲千金を求める人々
    第4章 ニューイングランド幻想―ピルグリム・ファーザーズの想い
    第5章 神を信じる自由―個人主義、反知性主義の芽生え
    第6章 架空の仲間と敵―悪魔信仰と魔女裁判
    第7章 宗教のアメリカ化―偉大なキリスト教思想家たち
    第8章 知識人たちの思想―18世紀の啓蒙主義

    第2部 狂信者たちの合衆国【19世紀】
    第9章 第一次大狂乱期―合理的なヨーロッパ、狂信的なアメリカ
    第10章 実にアメリカ的な二次創作小説―預言者ジョセフ・スミス
    第11章 いかさま療法好きな国民―疑似科学と宗教の相互作用
    第12章 幻想に満ちた仕事―ゴールドラッシュという転換点
    第13章 破壊する怪物を求めて―陰謀説への偏愛
    第14章 南北戦争―心理と心理の戦い
    第15章 1000万もの大草原の小さな家―開拓時代への郷愁
    第16章 幻想の産業化―メディア、広告、娯楽産業の胎動

    第3部 理性への傾斜の時代【1900~1960年】
    第17章 進歩と反動の時代―1920年代のアメリカ
    第18章 理性vs.信仰―装いを新たにした古い宗教
    第19章 娯楽ビジネスこそアメリカの本分―映画、ラジオ、出版
    第20章 郊外のユートピア―陽光降り注ぐ理想の地
    第21章 アメリカの黄金
    時代―まともに見えた1950年代

    第4部 狂気と幻想のビッグバン【1960~1970年】
    第22章 ヒッピー―60~70年代の若者文化
    第23章 知識人―科学は信仰の一形態
    第24章 キリスト教―異端派、急進派の巻き返し
    第25章 現実か、フィクションか―20世紀の陰謀論
    第26章 幻想・産業複合体―子ども化する大人たち

    索引
    出版社からのコメント
    なぜアメリカはトランプ政権を誕生させたか。新世界を信じた過激な夢想家たちとその末裔が創り上げた驚愕の500年史。
    内容紹介
    【全米で話題のベストセラー、Amazonレビュー500件超】

    ニューイングランド幻想、ジェファーソン:独立宣言、西部開拓:フロンティア精神、フォード:大量生産モデル、ディズニー:夢の王国建設、ケネディ:宇宙計画……

    アメリカとは何か!? なぜトランプ政権を生み出したのか!?
    新世界を信じた夢想家たちとその末裔が創り上げた、狂信者の国家の物語


    【絶賛の声、続々!】

    「卓越した洞察に満ちた歴史書。既知の出来事が斬新な文脈で描かれる」
    ウォルター・アイザックソン(『スティーブ・ジョブズ』著者)

    「絶対的に面白い。読めば興奮で脳が踊り出す」
    スティーブン・ダブナー(『ヤバい経済学』共著者)


    著者について
    カート アンダーセン
    カート アンダーセン
    ベストセラーとなった小説『Heyday(絶頂期)』『世紀の終わり――ニューヨーク狂想曲』(早川書房、2000年)『True Believers(狂信者)』の著者。『バニティ・フェア』誌や『ニューヨーク・タイムズ』紙に寄稿し、『タイム』誌や『ニューヨーカー』誌で文化コラムや評論を担当しているほか、ラジオおよびポッドキャスト番組『スタジオ360』(ピーボディ賞受賞)の共同制作者兼ホストを務め、テレビや映画、舞台の脚本も担当している。『スパイ』誌の共同創設者、『ニューヨーク・マガジン』誌の編集長でもある。ハーバード・カレッジをきわめて優秀な成績で卒業しており、在学中は『ハーバード・ランプーン』誌の編集に携わっていた。現在はブルックリン在住。

    山田 美明 (ヤマダ ヨシアキ)
    山田 美明(ヤマダ ヨシアキ)
    英語・フランス語翻訳家。東京外国語大学英米語学科中退。訳書に『ありえない138億年史』(光文社)、『ゴッホの耳』(早川書房)、『アメリカを動かす「ホワイト・ワーキング・クラス」という人々』(共訳、集英社)など。

    山田 文 (ヤマダ フミ)
    山田 文(ヤマダ フミ)
    翻訳家。イギリスの大学・大学院で西洋社会政治思想を学んだのち、書籍翻訳に携わる。訳書に『3つのゼロの世界』(早川書房)、『ヒルビリー・エレジー』(共訳、光文社)など。
  • 目次

     第1章「ファンタジーランド」と化しつつあるアメリカ

    第1部 アメリカという魔術【1517~1789年】
     第2章 私は信じる、ゆえに私は正しい―プロテスタント
     第3章 最初の移住者―一獲千金を求める人々
     第4章 ニューイングランド幻想―ピルグリム・ファーザーズの想い
     第5章 神を信じる自由―個人主義、反知性主義の芽生え
     第6章 架空の仲間と敵―悪魔信仰と魔女裁判
     第7章 宗教のアメリカ化―偉大なキリスト教思想家たち
     第8章 知識人たちの思想―18世紀の啓蒙主義

    第2部 狂信者たちの合衆国【19世紀】
     第9章 第一次大狂乱期―合理的なヨーロッパ、狂信的なアメリカ
     第10章 実にアメリカ的な二次創作小説―預言者ジョセフ・スミス
     第11章 いかさま療法好きな国民―疑似科学と宗教の相互作用
     第12章 幻想に満ちた仕事―ゴールドラッシュという転換点
     第13章 破壊する怪物を求めて―陰謀説への偏愛
     第14章 南北戦争―心理と心理の戦い
     第15章 1000万もの大草原の小さな家―開拓時代への郷愁
     第16章 幻想の産業化―メディア、広告、娯楽産業の胎動

    第3部 理性への傾斜の時代【1900~1960年】
     第17章 進歩と反動の時代―1920年代のアメリカ
     第18章 理性vs.信仰―装いを新たにした古い宗教
     第19章 娯楽ビジネスこそアメリカの本分―映画、ラジオ、出版
     第20章 郊外のユートピア―陽光降り注ぐ理想の地
     第21章 アメリカの黄金時代―まともに見えた1950年代

    第4部 狂気と幻想のビッグバン【1960~1970年】
     第22章 ヒッピー―60~70年代の若者文化
     第23章 知識人―科学は信仰の一形態
     第24章 キリスト教―異端派、急進派の巻き返し
     第25章 現実か、フィクションか―20世紀の陰謀論
     第26章 幻想・産業複合体―子ども化する大人たち

    用語一覧

ファンタジーランド(上)―狂気と幻想のアメリカ500年史(東洋経済新報社) の商品スペック

発行年月日
2019/01/18
Cコード
3033
出版社名
東洋経済新報社
紙の本のISBN-13
9784492444528
ファイルサイズ
5.6MB
著者名
山田 文
カート アンダーセン
山田 美明
著述名
著者

    東洋経済新報社 ファンタジーランド(上)―狂気と幻想のアメリカ500年史(東洋経済新報社) [電子書籍] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!