世界の経営学者はいま何を考えているのか 知られざるビジネスの知のフロンティア(英治出版) [電子書籍]
    • 世界の経営学者はいま何を考えているのか 知られざるビジネスの知のフロンティア(英治出版) [電子書籍]

    • ¥2,090418ポイント(20%還元)
    • すぐ読めます
100000086600815402

世界の経営学者はいま何を考えているのか 知られざるビジネスの知のフロンティア(英治出版) [電子書籍]

価格:¥2,090(税込)
ポイント:418ポイント(20%還元)(¥418相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
出版社:英治出版
公開日: 2014年03月14日
すぐ読めます。
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:電子書籍リーダーアプリ「Doly」専用コンテンツ
こちらの商品は電子書籍版です

世界の経営学者はいま何を考えているのか 知られざるビジネスの知のフロンティア(英治出版) の 商品概要

  • ●話題騒然! 経営学の本としては異例の売れ行き。たちまち5万部突破!――「驚くほどわかりやすい」「目からウロコの連続」と大好評● ドラッカーなんて誰も読まない!? ポーターはもう通用しない!?
    米国ビジネススクールで活躍する日本人の若手経営学者が、世界レベルのビジネス研究の最前線をわかりやすく紹介。本場の経営学は、こんなにエキサイティングだったのか! 競争戦略、イノベーション、組織学習、ソーシャル・ネットワーク、M&A、グローバル経営、国際起業、リアル・オプション、ベンチャー投資・・・
    ビジネス界の重大な「問い」は、どこまで解明されているのか。――知的興奮と実践への示唆に満ちた全17章。最先端の「ビジネスの知」がスラスラわかる! ◆日本でのイメージとは大違い! 驚きに満ちた「本場の経営学」
    国際的な経営学界で活動する日本人研究者はほんのわずか。また国内の経営学は事例研究が中心のため、海外ビジネススクールでの科学的・実証的な研究の成果が、日本ではほとんど知られていません。ドラッカーの著作は経営学とは見なされず、ポーターの競争戦略論のはるか先の議論が白熱、ソーシャルネットワークの理論が一大潮流になっている――世界の経営学の実状は、日本でのイメージとは大きく異なります。 ◆世界トップレベルのビジネス研究の「おもしろいところ」を厳選し、エッセイ風にわかりやすく紹介。
    本書は、国際的な経営学界にいる数少ない日本人研究者の一人が、世界レベルのビジネス研究の最新トピックを紹介する一冊です。話題は日本人ビジネスパーソンにとって示唆に富むものを厳選しました。膨大な学術論文の裏付けを示しながらも、語り口はあくまで平易で明解。エッセイのように気軽に読みながら、グローバル時代を生きる上で知っておきたい、世界レベルの経営学の「おもしろいところ」に触れられます。 <本書で扱われるトピック(一部)>
    ●経営学についての三つの勘違い
    ●経営学は居酒屋トークと何が違うのか
    ●ポーターの戦略だけでは、もう通用しない
    ●組織の記憶力を高めるにはどうすればよいのか
    ●「見せかけの経営効果」にだまされないためには
    ●イノベーションに求められる「両利きの経営」とは
    ●経営学の三つの「ソーシャル」とは何か
    ●日本人は本当に集団主義なのか、それはビジネスにはプラスなのか
    ●アントレプレナーシップ活動が国際化しつつあるのはなぜか
    ●不確実性の時代に事業計画はどう立てるべきか
    ●なぜ経営者は買収額を払い過ぎてしまうのか
    ●経営学は本当に役に立つのか

世界の経営学者はいま何を考えているのか 知られざるビジネスの知のフロンティア(英治出版) の商品スペック

書店分類コード I640
Cコード 0034
出版社名 英治出版
紙の本のISBN-13 9784862761095
他の英治出版の電子書籍を探す
ファイルサイズ 2.5MB
著者名 入山 章栄
著述名 著者

    英治出版 世界の経営学者はいま何を考えているのか 知られざるビジネスの知のフロンティア(英治出版) [電子書籍] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!