「作戦」とは何か 戦略・戦術を活かす技術(中央公論新社) [電子書籍]
    • 「作戦」とは何か 戦略・戦術を活かす技術(中央公論新社) [電子書籍]

    • ¥2,530506ポイント(20%還元)
    • すぐ読めます
100000086600820129

「作戦」とは何か 戦略・戦術を活かす技術(中央公論新社) [電子書籍]

価格:¥2,530(税込)
ポイント:506ポイント(20%還元)(¥506相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
出版社:中央公論新社
公開日: 2019年02月28日
すぐ読めます。
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:電子書籍リーダーアプリ「Doly」専用コンテンツ
こちらの商品は電子書籍版です

「作戦」とは何か 戦略・戦術を活かす技術(中央公論新社) の 商品概要

  • 「戦略」については、古今多くの論考がなされ、広く注目を集めてきた。しかし現在、欧米の軍事専門家が最重要視しているのは「戦略(strategy)」と「戦術(tactics)」を架橋する「作戦(operation)」の考え方である。日本ではもともと作戦という言葉が幅広い使われ方をしていることもあり、この概念はいまだ理解が進んでいないが、戦争を取り巻く状況が変化した現代にあって、その役割を学ぶのは喫緊の課題であろう。本書では「作戦」の歴史的経緯をふまえたうえで、現在論議されている具体的な事例を検討する。
    目次
    序論 ポスト冷戦時代における作戦の特色―「軍隊行動の三レベル」
     第一部 作戦の起源
    第1章 作戦のない軍隊運用―絶対君主時代の戦闘回避主義
    第2章 「大戦術」の開発とナポレオン戦争  
    第3章 ジョミニとアメリカ南北戦争  
    第4章 クラウゼヴィッツの「戦略」とモルトケの作戦
     第二部 冷戦期までの作戦
    第5章 米軍の消耗戦方式―封印された作戦の概念  
    第6章 ソ連軍の縦深作戦
    第7章 フラーとハートの士気喪失作戦  
     第三部 ポスト冷戦時代の作戦
    第8章 「緊要で、脆弱な『重心』」の追求  
    第9章 「影響」重視の考え方
    第10章 複雑な「問題」と「システミック作戦デザイン」
    おわりに

「作戦」とは何か 戦略・戦術を活かす技術(中央公論新社) の商品スペック

書店分類コード G430
Cコード 0031
出版社名 中央公論新社
紙の本のISBN-13 9784120051609
他の中央公論新社の電子書籍を探す
ファイルサイズ 0.9MB
著者名 中村 好寿
著述名 著者

    中央公論新社 「作戦」とは何か 戦略・戦術を活かす技術(中央公論新社) [電子書籍] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!