岩魚が呼んだ -岩魚と加仁湯交遊録-(小学館) [電子書籍]
    • 岩魚が呼んだ -岩魚と加仁湯交遊録-(小学館) [電子書籍]

    • ¥1,540308ポイント(20%還元)
    • すぐ読めます
こちらの商品は電子書籍版です
100000086600879268

岩魚が呼んだ -岩魚と加仁湯交遊録-(小学館) [電子書籍]

青柳陽一(著者)
価格:¥1,540(税込)
ポイント:308ポイント(20%還元)(¥308相当)
出版社:小学館
公開日:2019年06月21日
すぐ読めます。
ご確認事項:電子書籍リーダーアプリ「Doly」専用コンテンツ

岩魚が呼んだ -岩魚と加仁湯交遊録-(小学館) の 商品概要

  • 釣り師の顔を持つ写真家・青柳陽一が語る、奥鬼怒温泉郷・「加仁湯」と岩魚が取り持つ人と人の縁。

    温泉好きなら誰もが知る秘湯中の秘湯、奥鬼怒温泉郷「加仁湯」。そして1964年春、「加仁湯の親父」こと先々代主人の押しかけ弟子となり、岩魚釣りを一から学んだ写真家・青柳陽一。温泉と囲炉裏を舞台に、「岩魚が呼んだ」人の輪は、平家落人の子孫「加仁湯」の親父、日光マタギ・茂爺、ヒゲの殿下・三笠宮寛仁親王殿下、小説家・開高健、写真家・早田雄二と秋山庄太郎、世界の長者・スティーヴ・パーカー、林檎モデル・麻田奈美……と果てしなく繋がってゆく。
    麻田奈美の平凡パンチ、三菱パジェロ他広告写真、アグネス・ラム誕生秘話等で知られる写真家・青柳陽一が、200点を超える写真とともに語り尽くす、岩魚と自然への愛、岩魚釣りの秘技、岩魚の生態、奥鬼怒岩魚保存会のこと。写真のあれこれ。民族的夜這いのこと。愛車「小さな巨人」1971年製ジムニーLJ-20、1989年製パジェロ「アオヤギヴァージョン」のこと。そして加仁湯と、岩魚が呼んだたくさんの人々との縁と艶。
    2007年にごま書房より上梓された書籍「ドキュメント 岩魚が呼んだ ―岩魚と加仁湯交遊録―」を元に、収録写真を全点再スキャン、さらに30点以上の写真を新規収録し、本文にも大幅な加筆、修正を加えた電子書籍版、満を持して登場。これは、釣り歴50有余年を数える著者からの、人と自然への畏敬のメッセージに他ならない。

    ※この作品はカラー画像が含まれます。

岩魚が呼んだ -岩魚と加仁湯交遊録-(小学館) の商品スペック

シリーズ名
小学館釣り選書
出版社名
小学館
ファイルサイズ
35.8MB
他の小学館の電子書籍を探す
著者名
青柳陽一
著述名
著者

    小学館 岩魚が呼んだ -岩魚と加仁湯交遊録-(小学館) [電子書籍] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!