OLYMPUSユーザーのRAW現像 思い通りの色を引き出すOlympus Workspace(秀和システム) [電子書籍]
    • OLYMPUSユーザーのRAW現像 思い通りの色を引き出すOlympus Workspace(秀和システム) [電子書籍...

    • ¥1,881377ポイント(20%還元)
    • すぐ読めます
100000086600962303

OLYMPUSユーザーのRAW現像 思い通りの色を引き出すOlympus Workspace(秀和システム) [電子書籍]

  • 5.0
価格:¥1,881(税込)
ポイント:377ポイント(20%還元)(¥377相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
出版社:秀和システム
公開日: 2019年10月31日
すぐ読めます。
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:電子書籍リーダーアプリ「Doly」専用コンテンツ
こちらの商品は電子書籍版です

OLYMPUSユーザーのRAW現像 思い通りの色を引き出すOlympus Workspace(秀和システム) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)
    あなたの写真はもっと良くなる。撮影後でも不満は解消できる。高機能が無料で使える。初心者に優しい入門書。Ver.1.1対応。
    >白や黒の際どい階調の状態は警告表示でチェックしたい
    適切な補正量や画質にするには撮影時の写真と比較すると効果的
    33 かすんだような色調を透明感のある描写にしたい
    34 特定の色を調整して被写体を際立たせたい
    35 モノトーンに飽きたらダブルトーンに挑戦しよう
    36 古い写真のように色あせて味わいのある雰囲気にしたい
    37 インパクトのある個性的なモノクロにしたい
    38 カラフルでポップな色彩の写真に仕上げたい
    39 ハイライトとシャドウの明暗や階調感を整えたい
    40 やわらかな陰影のやさしい雰囲気にしたい
    41 メリハリのはっきりした硬い描写の写真に仕上げたい
    42 縦や横の遠近感を取り除いてまっすぐな写りにしたい
    43 ザラついたノイズを軽減して滑らかな画質に仕上げたい
    44 甘い解像感を引き締めて先鋭な描写に仕上げよう
    45 黒から白まで美しく再現階調を豊富に仕上げる技

    CHAPTER5 Olympus Workspaceをもっと使いこなそう
    46 編集した写真を書き出してみよう
    47 写真の編集設定を別の写真にも使いたい
    48 作品プリントを作るときはフチを残した設定にしよう
    49 フチなしに設定して迫力のプリントを作ろう
    50 サムネイル一覧で確認できるインデックスプリントを作ろう
    51 「コンタクトシート」で撮影情報もプリントしよう
    52 編集作業をやり直したり撮影時の状態に戻すには
    53 「深度合成」で写真を合成して深い被写界深度に仕上げよう
    54 光の軌跡を描くなら「比較明合成」が簡単
    55 圧倒的な速
    目次
    序章 なぜ、イメージどおりの写真が撮れないのでしょうか?
    自分で写した写真を見てもの足りないと感じていませんか?
    もっとよい写真にしたいなら撮影だけで終わらせてはいけません
    オリンパスのユーザーなら無償のソフトで仕上げられます
    構図を意識してトリミングすれば写真はもっとよくなります
    撮影も色調補正も考え方は同じ 露出と色の関係が大切です
    写真の表現では「色温度」と「ISO感度」はすごく大切です
    これだけは覚えておきたいRAW形式とJPEG形式の違い
    失敗写真を救う手段ではなくて よい作品を作る意識で臨みましょう
    まずはここからはじめよう カメラでRAW現像のススメ

    CHAPTER1 はじめてのOlympus Workspace
    01 Olympus Workspaceを入手してパソコンにインストールしよう
    02 Olympus Workspaceの画面の仕組みを見てみよう
    03 表示形式を切り替えて作業しやすい画面にしよう
    04 写真の色を調整するための大まかな流れを見ておこう
    05 RAW/JPEGの指定と写真の拡大方法を覚えよう
    06 基本の作業① 明るさを変えるにはどうするの?
    07 基本の作業② 色を変えるにはどうするの?
    08 基本の作業③ トリミングするにはどうするの?
    09 基本の作業④ プリントするにはどうするの?
    10 写真編集で使う機能はカメラにより違いがある

    CHAPTER2 写真を表示したり選別してみよう
    11 Olympus Workspaceに写真を取り込んでみよう
    12 使いやすいように画面をカスタマイズしてみよう
    13 サムネイルサイズを調整


    度でRAW現像 USB RAW編集のすすめ
    したり並べる順序を変更してみよう
    14 写真に★印や色を付けて分類や検索をしてみよう
    15 気になる写真を集めて即座に表示できるようにしよう
    16 一時的に分類するなら「セレクション」機能が便利
    17 複数の写真を並べてピントなどを比較したい
    18 撮影情報などを使って写真を検索したい
    19 撮影した機材や設定や露出の状態などを確認したい

    CHAPTER3 こんな写真はこう仕上げよう
    補正機能のある場所と基本的な操作を覚えよう
    写真の色を補正するときは実践したい手順とコツがある
    20 暗い写りの写真を思い描く明るさにしたい
    21 メリハリの乏しい写真を印象的に仕上げたい
    22 くすんで見える写真を鮮やかな色彩に仕上げたい
    23 逆光で暗い写りの写真を自然な明るさに補正したい
    24 女性のポートレートをきれいに仕上げたい
    25 色の偏った写真を本来の色彩に戻したい
    26 カラーで写した写真をモノクロ写真にしたい
    27 セピア調などのモノトーン写真にしたい
    28 光に包まれたような明るく爽やかな色彩にしたい
    29 静けさを感じるような暗く重厚な写真にしたい
    30 色の薄い夕焼けを印象的な色彩にしたい
    31 不要な空間を排除して構図を整えたい
    32 斜めに傾いた写真の水平や垂直を正したい

    CHAPTER4 よりよい作品を作るアイデア
    「ヒストグラム」を知ればデリケートな補正が施せる
    明暗とコントラストが補正できる「トーンカーブ」を使いこなそう
    明暗と彩度を組み合わせれば色の深みがコントロールできる

    内容紹介
    本書はオリンパス製のデジタル一眼やミラーレスデジカメを使うユーザー向けた写真管理とRAW現像からトリミングまで、撮影した写真を作品に作り上げる工程をRAW現像やレタッチのプロフェッショナルである著者のテクニックを公開した書籍です。OM-Dなどのカメラで撮影した写真を最新のOlympus Workspaceを使って作品レベルを高める手順が詳しく紹介されています。どこから補正を始めたらよいのかわからという読者は必読の書籍です。
    著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
    桐生 彩希(キリュウ サイキ)
    フリーライター、レタッチャー、編集者。Webや広告に使う写真の画像処理、書籍や雑誌企画、執筆、編集などを行っている
    著者について
    桐生彩希 (キリュウ サイキ)
    フリーライター、レタッチャー、編集者。Webや広告に使う写真の画像処理。書籍や雑誌の企画、執筆、編集などを行っている。

OLYMPUSユーザーのRAW現像 思い通りの色を引き出すOlympus Workspace(秀和システム) の商品スペック

書店分類コード D510
Cコード 2072
出版社名 秀和システム
紙の本のISBN-13 9784798058788
他の秀和システムの電子書籍を探す
ファイルサイズ 181.1MB
著者名 桐生 彩希
著述名 著者

    秀和システム OLYMPUSユーザーのRAW現像 思い通りの色を引き出すOlympus Workspace(秀和システム) [電子書籍] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!