漢語の謎 ──日本語と中国語のあいだ(筑摩書房) [電子書籍]
    • 漢語の謎 ──日本語と中国語のあいだ(筑摩書房) [電子書籍]

    • ¥825165ポイント(20%還元)
    • すぐ読めます
100000086601020138

漢語の謎 ──日本語と中国語のあいだ(筑摩書房) [電子書籍]

価格:¥825(税込)
ポイント:165ポイント(20%還元)(¥165相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
出版社:筑摩書房
公開日: 2020年02月21日
すぐ読めます。
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:電子書籍リーダーアプリ「Doly」専用コンテンツ

カテゴリランキング

こちらの商品は電子書籍版です

漢語の謎 ──日本語と中国語のあいだ(筑摩書房) の 商品概要

  • 漢字による熟語である「漢語」。その中には、中国でできたものと、日本でできたものがあり、実は来歴が謎に包まれたものが多くある。銀行の「行」、電池の「池」、盆地の「盆」……それらの字はそもそもどんな意味だったのか? 「文明」「文化」が日本から中国に渡った漢語というのは本当か? 中国では「手紙」がトイレットペーパーを意味する? ひとつのことばの背景には、それをつくった人がおり、海を越えて運んだ人がおり、使う人がいる。本書は、さまざまな漢語の来し方を、情熱をもって探求し、普段使っている言葉の本来の意味、そしてそこに秘められたドラマに迫る一冊である。
  • 目次

    *「電池」になぜ「池」がつくのか?/*「銀行」の「行」は「行く」の意味?/*「手紙」はトイレットペーパーを意味する?/*「文明」「文化」は日本から逆輸入された漢語?/*「健康」はもともと「康健」だった!/*「腕」は手首、「脚」は足首より下?/*「汽車」が自動車を意味する?/*中国には「病院」がない!

漢語の謎 ──日本語と中国語のあいだ(筑摩書房) の商品スペック

書店分類コード P070
Cコード 0281
出版社名 筑摩書房
紙の本のISBN-13 9784480072856
他の筑摩書房の電子書籍を探す
ファイルサイズ 36.8MB
著者名 荒川 清秀
著述名 著者

    筑摩書房 漢語の謎 ──日本語と中国語のあいだ(筑摩書房) [電子書籍] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!