世界哲学史4 ──中世II 個人の覚醒(筑摩書房) [電子書籍]
    • 世界哲学史4 ──中世II 個人の覚醒(筑摩書房) [電子書籍]

    • ¥825165ポイント(20%還元)
    • すぐ読めます
100000086601054487

世界哲学史4 ──中世II 個人の覚醒(筑摩書房) [電子書籍]

価格:¥825(税込)
ポイント:165ポイント(20%還元)(¥165相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
出版社:筑摩書房
公開日: 2020年04月17日
すぐ読めます。
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:電子書籍リーダーアプリ「Doly」専用コンテンツ

カテゴリランキング

こちらの商品は電子書籍版です

世界哲学史4 ──中世II 個人の覚醒(筑摩書房) の 商品概要

  • 13世紀、ヨーロッパは都市の発達、商業の成長、教育と大学の充実など様々な面で大きな発展を遂げ、世界史の舞台の中心へと歩を進めた。一方でモンゴル帝国がユーラシア大陸を横断的に征服したことで、世界は一体化へと向かっていった。その中で、世界哲学はいかに展開したのか。ユーラシア大陸の両端に現れた鎌倉仏教と托鉢修道会の運動など、超越的なものへの受動的な服従に還元できない個人の覚醒のありようを、同時代の諸文化の影響関係を視野に入れながら考察していく。
  • 目次

    1 都市の発達と個人の覚醒 山内志朗/2 トマス・アク ィナスと托鉢修道会 山口雅広/3 西洋中世における存在と本質 本間裕之/4 アラビア哲学とイスラーム 小村優太/5 トマス情念論による伝統の理論化 松根伸治/6 西洋中世の認識論 藤本温/7 西洋中世の総括としての唯名論 辻内宣博/8 朱子学 垣内景子/9 鎌倉時代の仏教 蓑輪顕量/10 中世ユダヤ哲学 志田雅宏

世界哲学史4 ──中世II 個人の覚醒(筑摩書房) の商品スペック

シリーズ名 世界哲学史
Cコード 0210
出版社名 筑摩書房
紙の本のISBN-13 9784480072948
他の筑摩書房の電子書籍を探す
ファイルサイズ 9.6MB
著者名 伊藤 邦武
著述名 著者

    筑摩書房 世界哲学史4 ──中世II 個人の覚醒(筑摩書房) [電子書籍] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!