エコノミック・ステイトクラフト 経済安全保障の戦い(日経BP社) [電子書籍]
    • エコノミック・ステイトクラフト 経済安全保障の戦い(日経BP社) [電子書籍]

    • ¥4,070814ポイント(20%還元)
    • すぐ読めます
100000086601071420

エコノミック・ステイトクラフト 経済安全保障の戦い(日経BP社) [電子書籍]

価格:¥4,070(税込)
ポイント:814ポイント(20%還元)(¥814相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
出版社:日経BP社
公開日: 2020年05月12日
すぐ読めます。
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:電子書籍リーダーアプリ「Doly」専用コンテンツ

カテゴリランキング

こちらの商品は電子書籍版です

エコノミック・ステイトクラフト 経済安全保障の戦い(日経BP社) の 商品概要

  • ●日本人が理解していないエコノミック・ステイトクラフトの時代

    エコノミック・ステイトクラフトとは「経済をテコに地政学的国益を追究する手段」。貿易政策、投資政策、経済制裁、サイバー、経済援助、財政・金融政策、エネルギー政策の7分野で構成されます。日本ではあまり関心が寄せられてはいませんが、2019年8月に米国において国防権限法が大きく改定された問題意識には、中国が巧妙に展開しているエコノミック・ステイトクラフトへの危機感の高まりがあります。

    米国はAIや自動運転技術などのハイテク技術の中国への流出を最小化し、中国の成長スピードを遅らせることこそが国家安全保障政策の要と位置付け、同盟国の企業の意識改革まで念頭に置いた制度設計を検討していることを明らかにしたのです。防衛産業に関係ないからといってのんびり構えてはいられない時代になったのです。

    ●日本企業のリスクシナリオも明示

    経済環境が大きく変わることになったにもかかわらず、日本政府ならびに日本企業の危機感は弱いままです。米国ならびに米国の同盟国と円滑に経済関係を維持していくためには、国防権限法という規制の網に準じた経営体制を構築することが愁眉の急となっています。

    筆者はルール形成戦略という切り口から企業経営、国家戦略にアドバイスを行ってきた研究者。米国当局への取材も丹念に行っており、経済学者も政治学者も押さえていない分野の権威。国防権限法のインパクトは日本ではきちんと理解されておらず、本書はその全貌と日本の戦略を明示した初の書籍となります

エコノミック・ステイトクラフト 経済安全保障の戦い(日経BP社) の商品スペック

発行年月日 2020/05/12
Cコード 3033
出版社名 日経BP社
紙の本のISBN-13 9784532135003
他の日経BP社の電子書籍を探す
ファイルサイズ 5.0MB
著者名 國分俊史
著述名

    日経BP社 エコノミック・ステイトクラフト 経済安全保障の戦い(日経BP社) [電子書籍] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!