「第三者委員会」の欺瞞 報告書が示す不祥事の呆れた後始末(中央公論新社) [電子書籍]
    • 「第三者委員会」の欺瞞 報告書が示す不祥事の呆れた後始末(中央公論新社) [電子書籍]

    • ¥946190ポイント(20%還元)
    • すぐ読めます
100000086601072400

「第三者委員会」の欺瞞 報告書が示す不祥事の呆れた後始末(中央公論新社) [電子書籍]

価格:¥946(税込)
ポイント:190ポイント(20%還元)(¥190相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
出版社:中央公論新社
公開日: 2020年05月15日
すぐ読めます。
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:電子書籍リーダーアプリ「Doly」専用コンテンツ

カテゴリランキング

こちらの商品は電子書籍版です

「第三者委員会」の欺瞞 報告書が示す不祥事の呆れた後始末(中央公論新社) の 商品概要

  • ★真相究明どころか
    追及からの“隠れ蓑”!?


    不祥事を起こした企業や行政組織が、外部の専門家に委嘱して設置し、問題の全容解明、責任の所在の明確化を図るはずの「第三者委員会」。だが、真相究明どころか、実際は関係者が身の潔白を「証明」する“禊のツール”になっていることも少なくない。調査中は世間の追及から逃れる“隠れ蓑”になり、ほとぼりも冷めかけた頃に、たいして問題はなかった――と太鼓判を押すような報告書もあるのだ。第三者委員会を徹底分析する。


    厚労省の毎月勤労統計
    東京医大の入試差別
    日大アメフト部の反則
    朝日新聞の捏造
    東芝の不適切会計

「第三者委員会」の欺瞞 報告書が示す不祥事の呆れた後始末(中央公論新社) の商品スペック

書店分類コード G300
Cコード 1236
出版社名 中央公論新社
紙の本のISBN-13 9784121506856
他の中央公論新社の電子書籍を探す
ファイルサイズ 3.1MB
著者名 八田 進二
著述名 著者

    中央公論新社 「第三者委員会」の欺瞞 報告書が示す不祥事の呆れた後始末(中央公論新社) [電子書籍] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!