コロナ危機の経済学 提言と分析(日経BP社) [電子書籍]
    • コロナ危機の経済学 提言と分析(日経BP社) [電子書籍]

    • ¥2,750550ポイント(20%還元)
    • すぐ読めます
100000086601110629

コロナ危機の経済学 提言と分析(日経BP社) [電子書籍]

価格:¥2,750(税込)
ポイント:550ポイント(20%還元)(¥550相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
出版社:日経BP社
公開日: 2020年07月21日
すぐ読めます。
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:電子書籍リーダーアプリ「Doly」専用コンテンツ

カテゴリランキング

こちらの商品は電子書籍版です

コロナ危機の経済学 提言と分析(日経BP社) [電子書籍] の 商品概要

  • 〇第2次大戦以降、人類にとって最大の危機となった新型コロナ・ウイルス。感染ピークを越えてなお、中長期にわたる甚大な影響は避けられそうにない。それは、個人から、企業や政府、日本社会の姿まで大きく変容させる可能性もある。経済のV字回復はありうるのか。日本の産業・経済はどのような問題に直面するのか。長期戦に備えるために、個人、企業、政府は何をすべきなのか。経済研究者を中心に、コロナ危機の経済・産業・企業・個人への影響を分析。問題を掘り下げ、いち早く提言する。
    〇コロナ危機に関連し、積極的に分析・提言を発信している経済産業研究所の森川正之所長と、この問題でいち早く経済学者の提言をまとめた小林慶一郎氏が共同編者となり、コロナ危機の今後を見通す上で役立つ分析・提言を行い、緊急出版する。

コロナ危機の経済学 提言と分析(日経BP社) [電子書籍] の商品スペック

発行年月日 2020/07/21
Cコード 0033
出版社名 日経BP社
他の日経BP社の電子書籍を探す
紙の本のISBN-13 9784532358617
ファイルサイズ 15.7MB
著者名 小林慶一郎 編著
森川正之 編著

    日経BP社 コロナ危機の経済学 提言と分析(日経BP社) [電子書籍] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!