喪われた少女(小学館) [電子書籍]
    • 喪われた少女(小学館) [電子書籍]

    • ¥880176ポイント(20%還元)
    • すぐ読めます
100000086601120992

喪われた少女(小学館) [電子書籍]

価格:¥880(税込)
ポイント:176ポイント(20%還元)(¥176相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
出版社:小学館
公開日: 2020年08月05日
すぐ読めます。
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:電子書籍リーダーアプリ「Doly」専用コンテンツ
こちらの商品は電子書籍版です

喪われた少女(小学館) [電子書籍] の 商品概要

  • 女性警部フルダ・シリーズ、待望の第2作!

    前作『闇という名の娘』の衝撃のラストから遡ること15年。
    女性警部フルダ・シリーズ、待望の第2作を刊行する!

    1978年10月、アイスランド西部フィヨルドへ秘密の週末旅行に向かう若い男女がいた。数日後、地元警察のアンドリェスは別荘で死亡している女性を発見する。
    残されたセーターから彼女の父親が犯人と見たレイキャヴィーク警察のリーズルは、アンドリェスに嘘の証言させ、父親を逮捕する。

    10年後、殺された彼女を偲んで4人の仲間が集まった。ベネディフト、アレキサンドラ、クラーラ、そして死んだ女性の弟・ダーグルだ。向かったのは、絶海の孤島・エトリザエイ。島にひとつしかないロッジで、4人は夜を過ごす。
    その夜、ダーグルはベネディフトの何気ない思い出話に違和感を覚え、クラーラは暗闇に“彼女”の姿を見たと言いだすなど、次第に不穏な雰囲気に。そして翌朝、仲間の一人が崖から転落死しているのが発見される。

    レイキャヴィーク警察から捜査に向かったフルダは、彼らから聞き取りを行ううち、10年前の事件に隠された、深い闇へと潜り始める。
    やがて少女たちに起きた悲劇の真相が、フルダ自身の父の秘密とともに語られるのだが‥‥。

    警察小説としてだけでなく、刑事の人生を描く人間ドラマとして高い評価を受けた前作だったが、今作もその期待に充分に応える傑作だ。

喪われた少女(小学館) [電子書籍] の商品スペック

シリーズ名 フルダ
書店分類コード W038
Cコード 0197
出版社名 小学館
他の小学館の電子書籍を探す
紙の本のISBN-13 9784094068061
ファイルサイズ 1.9MB
著者名 吉田 薫
ラグナル・ヨナソン
著述名 著者

    小学館 喪われた少女(小学館) [電子書籍] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!