イチョウの自然誌と文化史(裳華房) [電子書籍]
    • イチョウの自然誌と文化史(裳華房) [電子書籍]

    • ¥2,640528ポイント(20%還元)
    • すぐ読めます
100000086601146157

イチョウの自然誌と文化史(裳華房) [電子書籍]

価格:¥2,640(税込)
ポイント:528ポイント(20%還元)(¥528相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
出版社:裳華房
公開日: 2015年07月29日
すぐ読めます。
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:電子書籍リーダーアプリ「Doly」専用コンテンツ
こちらの商品は電子書籍版です

イチョウの自然誌と文化史(裳華房) [電子書籍] の 商品概要

  • 古来から日本人にとって親しみ深いイチョウは、ギンナン料理はもとより、街路樹として植えられ、シンボルマークや文学作品にも数多く登場してきた。明治時代、平瀬作五郎と池野成一郎によるイチョウやソテツの精子発見は、日本人が世界に先駆けて行った独創的な研究であるが、本書では、その舞台背景を当時の貴重な資料とともに紹介する。また、絶滅しかけたイチョウが、人間活動により世界中に「生きている化石」として分布を拡げてきた事実を知ることは、生物種の多様性を保全する見地からも大変重要である。イチョウの植物学的側面や、その文化史に興味のある方にぜひ一読をお勧めしたい。
  • 目次

    第1章 イチョウ精子発見は、なぜ大発見か?
    第2章 イチョウの旅路:日本からヨーロッパへ、そして、ウィーンからボンへ
    第3章 生きている化石としてのイチョウ
    第4章 平瀬作五郎と池野成一郎の肖像
    第5章 イチョウの繁栄と衰退のドラマ
    第6章 イチョウは中国から日本へ運ばれてきた
    第7章 そしてイチョウは世界へ広がった
    第8章 医薬品としてのイチョウ
    第9章 ケンペルがイチョウをGinkgoと呼んだ
    第10章 ゲーテとイチョウ
    第11章 小石川植物園植物散策と歴史的背景
    第12章 イチョウが教えてくれるもの
    第13章 終章

イチョウの自然誌と文化史(裳華房) [電子書籍] の商品スペック

書店分類コード M520
Cコード 3045
出版社名 裳華房
紙の本のISBN-13 9784785358570
他の裳華房の電子書籍を探す
ファイルサイズ 14.2MB
著者名 長田 敏行
著述名 著者

    裳華房 イチョウの自然誌と文化史(裳華房) [電子書籍] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!