進化には生体膜が必要だった(裳華房) [電子書籍]
    • 進化には生体膜が必要だった(裳華房) [電子書籍]

    • ¥1,650330ポイント(20%還元)
    • すぐ読めます
100000086601146254

進化には生体膜が必要だった(裳華房) [電子書籍]

佐藤 健(著者)
価格:¥1,650(税込)
ポイント:330ポイント(20%還元)(¥330相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
出版社:裳華房
公開日: 2018年04月12日
すぐ読めます。
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:電子書籍リーダーアプリ「Doly」専用コンテンツ
こちらの商品は電子書籍版です

進化には生体膜が必要だった(裳華房) [電子書籍] の 商品概要

  • 地球上のすべての生物をつくっている「生体膜」は、バクテリアからカビ、昆虫、植物、私たちヒトを含めた動物に至るまで、どんな生物もほとんど同じ分子構造(脂質二重層)をしています。そして、エネルギーの生産や物質の輸送、細胞の形態形成、情報の伝達など重要なポイントには必ずと言ってよいほど生体膜が深く関わっています。生体膜が今とまったく違った分子構造だったとしたら、高度な知能をもった生物に進化することなく、単純な単細胞生物のままだったかもしれません。
    前半では生体膜の構造と働きについて丁寧にわかりやすく解説し、後半では原核細胞から真核細胞、多細胞生物へと進化する道筋の仮説を新たな視点で紹介して、生物進化において生体膜の果たした役割の全体像をやさしく紐解きます。
  • 目次

    1.生物と膜:そもそも定義に含まれている
    2.生物をつくる生体膜:みんな同じものを使っている
    3.生体膜の構造:この構造がすべてを決めた
    4.生物を動かすエネルギー:それには膜が必要だった
    5.原核細胞の進化:革命前夜
    6.真核生物の誕生:革命のはじまり
    7.物流システムの獲得:革命の立役者
    8.細胞小器官獲得の不思議:それは絶妙なタイミングだったのか?
    9.多細胞生物の出現:真核細胞だけが許された進化
    10.真核細胞誕生の確率:それは「奇跡」の可能性さえある
    11.生命の起源との関係:「ワールド仮説」との関係

進化には生体膜が必要だった(裳華房) [電子書籍] の商品スペック

書店分類コード M500
Cコード 3045
出版社名 裳華房
紙の本のISBN-13 9784785351267
他の裳華房の電子書籍を探す
ファイルサイズ 15.8MB
著者名 佐藤 健
著述名 著者

    裳華房 進化には生体膜が必要だった(裳華房) [電子書籍] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!