数学用語と記号ものがたり(裳華房) [電子書籍]
    • 数学用語と記号ものがたり(裳華房) [電子書籍]

    • ¥2,750550ポイント(20%還元)
    • すぐ読めます
100000086601146280

数学用語と記号ものがたり(裳華房) [電子書籍]

価格:¥2,750(税込)
ポイント:550ポイント(20%還元)(¥550相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
出版社:裳華房
公開日: 2019年03月20日
すぐ読めます。
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:電子書籍リーダーアプリ「Doly」専用コンテンツ

カテゴリランキング

こちらの商品は電子書籍版です

数学用語と記号ものがたり(裳華房) [電子書籍] の 商品概要

  • ※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    小学校から高等学校の教科書で目にする数学の「用語と記号」がどのような考えで創られ現在のものに至ったのか? 本書は、時代背景や翻訳過程での変遷を交えながら、数学史とは別な視点から、数学の発展に影響を与えてきた脇役たちの由来について解説した。高校生以上であれば、数学は苦手と思っている人たちにも、「ものがたり」として楽しめるようにやさしく解説したもので、数学を身近にしてくれる一冊である。
  • 目次

    第I部 数と計算に関する用語・記号
     1.大数と小数の名称の由来
     2.計算記号の由来
     3.割り算の答えはなぜ商なのか
     4.素数は数のプリマ
     5.二千年前の中国数学書に出ている正の数・負の数
     6.平方根の根とは何か,記号はどうしてルートになったのか
     7.無理数は不合理な数か
     8.虚数はどうして嘘の数なのか
    第II部 式と関数に関する用語・記号
     1.文字使用の歴史
     2.方程式の未知数がxになるまでの長い道のり
     3.方程式の方程とはどういう意味か
     4.2元1次方程式の元とはどういう意味か
     5.パワー(power)が累乗になった
     6.代数(アルゼブラ)とアルゴリズムはアラビア起源
     7.横縦線から坐標へ,坐標から座標へ
     8.関数は函数だった
     9.“確からしさ”,“公算”から確率へ
     10.解析は後戻りの推理法のこと
     11.微分は差の計算,積分は和の計算
    第III部 図形に関する用語・記号
     1.長方形は矩形,台形は梯形だった
     2.合同の記号は■だった (注:■は~の下に=のついたもの)
     3.三平方の定理の由来
     4.幾何(geometry)はgeoの音訳
     5.円周率と記号πの由来
    など

数学用語と記号ものがたり(裳華房) [電子書籍] の商品スペック

書店分類コード M105
Cコード 3041
出版社名 裳華房
紙の本のISBN-13 9784785315337
他の裳華房の電子書籍を探す
ファイルサイズ 89.1MB
著者名 片野 善一郎
著述名 著者

    裳華房 数学用語と記号ものがたり(裳華房) [電子書籍] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!