日本史サイエンス 蒙古襲来、秀吉の大返し、戦艦大和の謎に迫る(講談社) [電子書籍]
    • 日本史サイエンス 蒙古襲来、秀吉の大返し、戦艦大和の謎に迫る(講談社) [電子書籍]

    • ¥770154ポイント(20%還元)
    • すぐ読めます
100000086601153546

日本史サイエンス 蒙古襲来、秀吉の大返し、戦艦大和の謎に迫る(講談社) [電子書籍]

  • 5.0
価格:¥770(税込)
ポイント:154ポイント(20%還元)(¥154相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
出版社:講談社
公開日: 2020年09月18日
すぐ読めます。
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:電子書籍リーダーアプリ「Doly」専用コンテンツ

カテゴリランキング

こちらの商品は電子書籍版です

日本史サイエンス 蒙古襲来、秀吉の大返し、戦艦大和の謎に迫る(講談社) の 商品概要

  • 蒙古は上陸に失敗していた! 秀吉には奇想天外な戦略があった! 大和には活躍できない理由があった!
    日本史の3大ミステリーに、映画『アルキメデスの大戦』で戦艦の図面をすべて描いた船舶設計のプロが挑む。
    リアルな歴史が、「数字」から浮かび上がる! 

    【謎の一】蒙古軍はなぜ一夜で撤退したのか?
    最初の蒙古襲来「文永の役」で日本の武士団は敗北を重ね、博多は陥落寸前となったが、なぜか突然、蒙古軍が船に引き返したのはなぜか? 

    【謎の二】秀吉はなぜ中国大返しに成功したのか?
    本能寺の変のとき備中高松城にいた羽柴秀吉が、変を知るや猛スピードで2万の大軍を率いて京都に戻り明智光秀を破った「中国大返し」はなぜ実現できたのか?

    【謎の三】戦艦大和は「無用の長物」だったのか?
    国家予算の3%を費やし建造された世界最強戦艦は、なぜ活躍できなかったのか? そこには帝国海軍が冒していたある致命的な設計ミスが影を落としていた――。

    小さな「数字」を徹底して読みとり、積み重ねていくと、
    大きな「真実」のかたちが見えてくる!
  • 目次

    第1章 蒙古軍はなぜ一夜で撤退したのか

    第2章 秀吉の大返しはなぜ成功したのか

    第3章 戦艦大和は無用の長物だったのか

    終 章 歴史は繰り返される

日本史サイエンス 蒙古襲来、秀吉の大返し、戦艦大和の謎に迫る(講談社) の商品スペック

シリーズ名 日本史サイエンス
書店分類コード Q020
Cコード 0221
出版社名 講談社
他の講談社の電子書籍を探す
紙の本のISBN-13 9784065209578
ファイルサイズ 33.9MB
著者名 播田 安弘
著述名 著者

    講談社 日本史サイエンス 蒙古襲来、秀吉の大返し、戦艦大和の謎に迫る(講談社) [電子書籍] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!