人手不足なのになぜ賃金が上がらないのか(慶応義塾大学出版会) [電子書籍]
    • 人手不足なのになぜ賃金が上がらないのか(慶応義塾大学出版会) [電子書籍]

    • ¥2,200440ポイント(20%還元)
    • すぐ読めます
100000086601238830

人手不足なのになぜ賃金が上がらないのか(慶応義塾大学出版会) [電子書籍]

価格:¥2,200(税込)
ポイント:440ポイント(20%還元)(¥440相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
出版社:慶応義塾大学出版会
公開日: 2021年01月20日
すぐ読めます。
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:電子書籍リーダーアプリ「Doly」専用コンテンツ

カテゴリランキング

こちらの商品は電子書籍版です

人手不足なのになぜ賃金が上がらないのか(慶応義塾大学出版会) の 商品概要

  • “最大の謎”の解明に挑む!

    働き手にとって最重要な関心事である所得アップが実現しないのは、なぜ?
    22名の気鋭が、現代日本の労働市場の構造を、驚きと納得の視点から明らかに。
    ▼企業業績は回復し人手不足の状態なのに賃金が思ったほど上がらないのはなぜか? この問題に対して22名の気鋭の労働経済学者、エコノミストらが一堂に会し、多方面から議論する読み応え十分な経済学アンソロジー。
    ▼各章は論点を「労働需給」「行動」「制度」「規制」「正規雇用」「能力開発」「年齢」の七つの切り口のどれか(複数もあり)を中心に展開。読者はこの章が何を中心に論議しているのかが一目瞭然に理解できる、わかりやすい構成となっている。
    ▼編者の玄田教授はまず、本テーマがなぜいまの日本において重要か、という「問いの背景」を説明し、各章へと導く。最後に執筆者一同がどのような議論を展開したかを総括で解題する。
    ▼労働経済学のほか、経営学、社会学、マクロ経済、国際経済の専門家や、厚生労働省、総務省統計局、日銀のエコノミストなど多彩な顔ぶれによる多面的な解釈は、まさに現代日本の労働市場が置かれているさまを記録としてとどめる役割も果たしている。

人手不足なのになぜ賃金が上がらないのか(慶応義塾大学出版会) の商品スペック

書店分類コード J620
Cコード 0033
出版社名 慶応義塾大学出版会
本文検索
他の慶応義塾大学出版会の電子書籍を探す
紙の本のISBN-13 9784766424072
ファイルサイズ 27.6MB
著者名 玄田 有史
著述名 著者

    慶応義塾大学出版会 人手不足なのになぜ賃金が上がらないのか(慶応義塾大学出版会) [電子書籍] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!