日本のセーフティーネット格差(慶応義塾大学出版会) [電子書籍]
    • 日本のセーフティーネット格差(慶応義塾大学出版会) [電子書籍]

    • ¥2,970594ポイント(20%還元)
    • すぐ読めます
100000086601238837

日本のセーフティーネット格差(慶応義塾大学出版会) [電子書籍]

酒井 正(著者)
価格:¥2,970(税込)
ポイント:594ポイント(20%還元)(¥594相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
出版社:慶応義塾大学出版会
公開日: 2021年01月20日
すぐ読めます。
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:電子書籍リーダーアプリ「Doly」専用コンテンツ
こちらの商品は電子書籍版です

日本のセーフティーネット格差(慶応義塾大学出版会) の 商品概要

  • 誰が「皆保険」から漏れ落ちているのか

    働き方が多様化する中で、正規雇用を前提としていた社会保険に綻びが生じている。
    「雇用が不安定な者ほどセーフティーネットも脆弱」というパラドキシカルな現状にどう対応すべきか。救済策は社会保険の適用拡大しかないのか。
    今後の改革のための指針を、しっかりした「エビデンス」をもとに模索する力作!
    ▼現代日本社会で本当に“疲弊” しているのは誰か?
    ▼働き方の多様化という社会の変化のスピードに社会保険制度が付いていけていない現状を検証。
    ▼確かなエビデンスをもとに、日本社会の実態を明らかにする!

    “「皆保険」といわれているのに保険料を支払えないほど生活が逼迫している人をどう救うのか?”という問題意識のもと、社会保険の基礎知識をわかりやすく解説しながら、働き方をめぐる諸問題(非正規雇用、若年・高齢者問題、女性と子育て支援等)が人々の将来不安を引き起こしていることを指摘。日本のセーフティーネットを再構築するための処方箋を模索する、労働経済学の気鋭による意欲作!

    第42回サントリー学芸賞(政治・経済部門)を受賞しました。
    第63回(2020年度)日経・経済図書文化賞を受賞しました。
    第43回 (令和2年度)労働関係図書優秀賞を受賞しました。

日本のセーフティーネット格差(慶応義塾大学出版会) の商品スペック

書店分類コード F400
Cコード 3033
出版社名 慶応義塾大学出版会
紙の本のISBN-13 9784766426496
他の慶応義塾大学出版会の電子書籍を探す
ファイルサイズ 39.5MB
著者名 酒井 正
著述名 著者

    慶応義塾大学出版会 日本のセーフティーネット格差(慶応義塾大学出版会) [電子書籍] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!